続古今和歌集』(しょくこきんわかしゅう)は、鎌倉時代勅撰集で、二十一代集の第十一番目。全20巻からなり[1]、総歌数1915首(伝本によって異同がある)[1]

構成編集

撰者の一人である九条基家筆の仮名序と、菅原長成筆の真名序を持つ[1]。歌人を当世と故者に分けて、入集歌数および略伝を附す『続古今和歌集目録』も2種類伝わる[1]。部立は、(上・下)・(上・下)・神祇・釈教・離別・羇旅・(五巻)・哀傷・雑(三巻)・賀である[1]

成立編集

御子左家の当主・藤原為家が、正元元年(1259年)3月16日に後嵯峨院から勅撰集撰進の命を受けた[1]。ところが、弘長二年(1262年)9月後嵯峨同院の勅宣により、九条内大臣基家衣笠内大臣家良六条行家(1223-1275)・葉室光俊(真観)の4名が新しく撰者として加わった[1]。鎌倉将軍宗尊親王と懇意だった光俊が為家に対抗するため[1]、あるいは後嵯峨院が『新古今和歌集』に倣って複数撰者の形式にするためと考えられる[1]。『井蛙抄』によれば、憤懣やるかたない為家は、4人が加わって以降、撰歌を嫡男為氏に任せたという[1]文永2年(1265年)12月26日に奏覧[1]、同三年三月十二日竟宴。撰者5人のうち、家良は完成を待たず、文永元年(1264年)に没した。

代表的な当代歌人は、鎌倉将軍宗尊親王(67首)、当時の政界の大老・西園寺実氏(61首)、後嵯峨院(54首)ら権門の貴顕で、4人の撰者も20首以上入集している(行家は17首)[1]。物故者では、『新古今和歌集』の軸となった藤原定家(56首)・後鳥羽院(49首)・藤原家隆(41首)らが入集している[1]順徳院(35首)より、歌人として劣る土御門院(後嵯峨院の実父)の方が3首多く選入されたのは、多分後嵯峨院の意志によるものであろう。[独自研究?]

後嵯峨院がどの程度精撰に関与したか不明だが、形式と内容は『新古今和歌集』を強く意識したものである[1]。そのため、歌風は『続後撰和歌集』『新勅撰和歌集』に比べると華麗であるが、古風な傾向も顕著とされる[1]。平安時代の古歌で、この集で初めて勅撰に採録されたものも多数ある[要出典]

校訂本編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典第3巻』岩波書店、1984年4月、406-407頁。