メインメニューを開く

続高僧伝』(ぞく こうそうでん)とは、慧皎の『高僧伝』に続けて撰せられた中国の高僧の伝記集である。道宣撰、30巻、645年貞観19年)の成立である。

概要編集

梁の初めから唐の初めに至る約160年の間の僧伝を集めている。別名、『唐高僧伝唐伝)』ともいう。成立の過程において、たびたび増補改訂が繰り返されており、自序では貞観19年に至る144年の僧侶500名(正伝340名、附伝160名)を収録したと述べているが、現行本には、正伝・附伝あわせて700名余りの伝記が収められている。そのことは、一例を挙げれば、664年麟徳元年)没の玄奘伝も完結していることを見ればわかる。

十科分類編集

体裁は『高僧伝』にならい、十科分類をしているが、その篇名には異同が見られる。

  1. 訳経
  2. 義解
  3. 習禅
  4. 明律
  5. 護法
  6. 感通
  7. 遺身
  8. 読誦
  9. 興福
  10. 雑科声徳

道宣は、南山律宗の開祖でもあり、『広弘明集』や『集古今仏道論衡』、『大唐内典録』など、数々の中国仏教史上の重要な著作を残した僧である。本書も、当該時期の仏教や僧侶に関する状況を知る上での基本的文献である。

テキスト編集

日本語訳編集

  • 『新国訳大蔵経 中国撰述部 続高僧伝 史伝部』 吉村誠・山口弘江訳註(東京:大蔵出版, 2012年-)
  • 第1冊目:巻第1~6の訳註。全6分冊予定
  • 『大乗仏典 中国・日本篇14 高僧伝』 諏訪義純・中嶋隆蔵編訳 (東京:中央公論社, 1991年)

参考文献編集