維持員

維持員(いじいん)とは、社団、財団その他の法人運営に財政的な支援を目的として募る会員制度のひとつである。学会研究所、各種法人団体において設けられている。

目次

名誉称号としての維持員編集

早稲田大学では高額寄付者には名誉称号を贈呈し、その名を大学史に刻み礼遇する制度を設けている。維持員は同大学における最高位の称号とされる。

主な維持員制度編集

日本相撲協会も維持員制度を設け、維持員により構成する維持員会を置いている。130万円の寄付が必要で、これを行なうとパス「維持員証」が交付され、これと整理券を併せると、大相撲において土俵周囲の「溜席」での観戦が出来る[1]。この整理券が暴力団に流れているとの噂が2009年から後を絶たず、2010年5月、ついに、09年名古屋場所と10年初場所・名古屋場所で実際に暴力団幹部が溜席にいた事実が確認された。

脚注編集

  1. ^ 記者の目:大相撲 暴力団観戦毎日.jp 東京運動部記者・海老名富夫

関連項目編集