維新の十傑

明治維新に尽力した志士の10人を指す

維新の十傑(いしんのじっけつ)は、明治維新に尽力した志士のうち、山脇之人『維新元勲十傑論』(1884年3月刊)において挙げられた特に優れた10人を指す名数。

西郷隆盛大久保利通木戸孝允の特に枢要な「維新の三傑」の他、薩摩藩小松帯刀(小松清廉)、長州藩大村益次郎前原一誠広沢真臣肥前藩江藤新平肥後藩横井小楠公家岩倉具視から成る。薩長土肥のうち土佐藩の者は挙げられていないため、十傑選定への主な批判として、反藩閥自由民権運動の側から藩閥の情実の基づく選定だとする批判が当時からある。

概要編集

小御所会議を経て、王政復古の大号令を達成した新政府発足時の中心人物であり、各藩を代表する人物が挙げられている。藩閥の中で、十傑から洩れているのは土佐藩士だが、当時はまだ板垣退助後藤象二郎の両名が存命だったことや、著者の山脇が自由民権派に嫌悪感を抱いていたため除外された可能性が指摘されている[1]賞典禄板垣退助後藤象二郎の千石が最高位である。特に、大村益次郎については一時は「維新の三傑」に割って入ろうかという評価で、横井小楠も維新樹立を打ち立てた思想家として高い評価を得ている[2]。明治政府内では大久保利通江藤新平は政敵として知られ、佐賀の乱を鎮圧した大久保が江藤の首を梟首したことでも垣間見える。なお、この10人のうち岩倉具視を除く9人は、明治11年の紀尾井坂の変までに4人が暗殺され、2人が病死、2人が刑死、1人が戦死している。そして明治16年には残った岩倉具視が咽頭癌により死去する。十傑が去った後に明治政府を主導していったのは、伊藤博文山縣有朋井上馨といった長州藩元老である。幕臣であっても明治新政府に協力したものとして、大久保一翁山岡鉄舟勝海舟等があり、他にも箱館戦争を戦ったのちに政府に協力した榎本武揚武田斐三郎大鳥圭介らがいるが、彼らは維新前に討幕に動かなかったので志士ではない。

なお、金澤正造の著書『維新十傑傳』(1941年)では、明治以後の政治家とは別に、幕末期に維新へと至るまでに導いた主な革命家十名に、吉田松陰頼三樹三郎有村次左衛門高橋多一郎清河八郎伴林光平平野国臣佐久間象山高杉晋作坂本龍馬を挙げた。

また、伊藤痴遊の著書『実録維新十傑』(1934年)では、西郷隆盛大久保利通木戸孝允岩倉具視三条実美勝海舟吉田松陰高杉晋作中岡慎太郎坂本龍馬の10名が挙げられている。

十傑編集

十傑の最期編集

小松と岩倉と木戸を除く7人全員が暗殺、刑死または自害により命を落としている。

概要編集

  • 1868年(慶応3年) - 王政復古の大号令。
  • 1869年(明治2年) - 戊辰戦争中に横井暗殺。
  • 1869年(明治2-4年) - 戊辰戦争後に大村、広沢暗殺。小松病死。
  • 1874年(明治7-9年) - 四民平等政策により、佐賀の乱を起こした前司法卿江藤、萩の乱を起こした前原が刑死。
  • 1877年(明治10年) - 西郷が西南戦争を起こす。木戸病死。西郷敗死。
  • 1878年(明治11年) - 大久保暗殺。
  • 1883年(明治16年) - 岩倉病死。

詳細編集

※没年齢は満年齢

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集