メインメニューを開く

綱引いちゃった!』(つなひいちゃった)は、2012年制作の日本映画

綱引いちゃった!
監督 水田伸生
脚本 羽原大介
製作 藤本鈴子
市川南
平井文宏
阿佐美弘恭
弘中謙
下田淳行
製作総指揮 奥田誠治
出演者 井上真央
玉山鉄二
風間杜夫
松坂慶子
音楽 岩代太郎
主題歌 DREAMS COME TRUE
愛して笑ってうれしくて涙して
撮影 中山光一
編集 平澤政吾
制作会社 ツインズジャパン
製作会社 「綱引いちゃった!」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年11月23日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億1000万円[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

運動会の出し物とは異なり、8人編成で行ない、高度なテクニックと戦略を必要とするスポーツ・競技綱引きをテーマに描いた、スポ根コメディ映画

世界インドア綱引選手権大会で3回の優勝経験がある大分コスモレディースTCに着想を得て制作されたものである[2][3]

全国253スクリーンで公開され、2012年11月24、25日の初日2日間で興収5,983万5,200円、動員4万9,754人(連休3日間では興収1億19万200円、動員8万4,238人)になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第6位となった[4]

ストーリー編集

大分市役所広報課に務める西川千晶は、市長の花宮からPRのため、女子綱引きチームを結成せよとの特命を受ける。過去に、大分コスモレディースTCという主婦綱引きチームが世界チャンピオンになった実績があったためだ。しかし、綱引きが地味でマイナーなスポーツである事もあって、なかなか人が集まらない。

その頃、千晶の母・容子が勤める市の給食センターが廃止の危機にさらされていた。容子は同僚たちと共に市役所を訪れ、廃止撤回を直談判する。その様子を見ていた千晶は、容子ら給食センターの職員たちでチームを結成する事を思い付く。そして、チームが全国大会まで勝ち抜いた場合は、給食センターの廃止を撤回するという約束を花宮から取り付ける事に成功する。

早速、大会に向けて練習が始まるのだが、千晶たちの行く手には様々なハードルが立ちはだかる。

キャスト編集

  • 西川千晶 - 井上真央: 市役所職員。「綱娘」キャプテン。
  • 熊田公雄 - 玉山鉄二: コーチ。椎茸農家。千晶に一目惚れ。
  • 大林和枝 - 浅茅陽子: 夫の失業で複数のバイトを掛け持ち中。容子の親友。
  • 中山絵美 - 西田尚美: 未亡人。夫の連れ子である息子の反抗期に悩む。
  • 藤代美香 - 渡辺直美: 大食いの大女。コーチに好意を抱いている。認知症の父親を介護。
  • 伊藤麗子 - ソニン: イケメンのペットショップ店員に夢中。
  • 姫野かおる - 犬山イヌコ: 競輪狂。
  • 吉田沙織 - 中鉢明子: ヘビースモーカー。
  • 大林ミツル - 石丸謙二郎: 和枝の夫。怪我で失業し、自宅療養中。
  • 市長の秘書 - 佐藤二朗
  • 広報課課長 - 野間口徹: 千晶の上司。
  • 広報課職員 - 木南晴夏: 千晶の同僚。妊娠中。
  • 市議会議長 - 綾田俊樹
  • 農協男子綱引きチームの監督 - 大川ヒロキ
  • ペットショップ店員 - 和田正人: 麗子が片想いしている相手。
  • 中山健太 - 齋藤隆成: 絵美の息子。高校受験を控えた中学生。亡夫の連れ子。
  • 阿南春樹 - 石塚英彦: 農協職員。和枝の住宅ローン問題を支援。
  • 藤代直正 - 笹野高史: 美香の父。元中学教師。認知症。
  • 花宮健一郎 - 風間杜夫大分市市長。
  • 西川容子 - 松坂慶子: 千晶の母。夫をガンで亡くしている。

地元からは警官役 堀誠 東亮太が参加した。

スタッフ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 210頁
  2. ^ 井上真央、NHK連ドラの後は映画主演 asahi.com(朝日新聞社)日刊スポーツ芸能ニュース、2011年11月4日
  3. ^ コスモレディース 3年ぶり全国大会へ 大分合同新聞、2012年2月27日
  4. ^ 『ヱヴァQ』『悪の教典』にダブルスコアのダントツ人気!2週連続トップ獲得!シネマトゥデイ 2012年11月27日

外部リンク編集