メインメニューを開く

綺咲 愛里(きさき あいり、10月30日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する娘役。星組トップ娘役。

きさき あいり
綺咲 愛里
生年月日 10月30日
出生地 兵庫県川西市
身長 163 cm
血液型 A型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2010年 -
活動内容 2010年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2016年:星組トップ娘役就任
公式サイト 綺咲愛里 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
オーム・シャンティ・オーム
THE SCARLET PIMPERNEL
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
霧深きエルベのほとり
テンプレートを表示

兵庫県川西市[1]県立宝塚北高等学校出身[1]。身長163cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「あーちゃん」[1]

来歴編集

2008年4月、宝塚音楽学校入学。

2010年3月、宝塚歌劇団に96期生として入団[3]。入団時の成績は17番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[1][4]。その後、星組に配属[3]

2012年、「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール日本青年館公演)で、主演・紅ゆずるの妻ヴィクトワール役を演じる[3][5]。続くショー「Étoile de TAKARAZUKA」新人公演で、早乙女わかばらと共にヒロインパート(本役:夢咲ねね)の一部を担う。

2014年、「太陽王」(東急シアターオーブ公演)で、トップスター柚希礼音扮するルイ14世の初恋の女性マリーを演じ、ヒロインの1人を務める[6]。続く「The Lost Glory」で、新人公演初ヒロイン[3]。以降、3作連続で新人公演ヒロインに抜擢[5]

2015年、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、東上公演初ヒロイン[7]

2016年11月21日付で、妃海風の後任として星組トップ娘役に就任[5][4]。紅ゆずるの相手役として、年末の「タカラヅカスペシャル2016」でプレトップお披露目[8][4]

2017年、自身の初舞台公演の再演となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、大劇場トップコンビお披露目を果たす[3]

2018年、自身初となる第3回台湾公演「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」に出演[3]

2019年10月13日、「GOD OF STARS/エクレールブリアン」東京公演千秋楽をもって、相手役の紅ゆずると共に宝塚歌劇団を退団[9]予定。

人物編集

母は保育士で、幼稚園の頃からピアノとバレエを習い始める[2]

地元の中学校へ進学し、合唱コンクールでは3年間ピアノの伴奏を担当していた[2]。3年になり進路を決める時期に、担任の教師から演劇科のある高校を勧められ、公立高校の演劇科に進学[2]。学校は駅から遠かったが、演劇科は体作りのためバス通学禁止で、始発で登校し、発声などクラス全員で団結して頑張っていた[2]。体育祭の応援合戦ではアクロバティックなダンスで1位をとる[2]

その頃、課外授業で初めて生の演劇を観る[2]。同じ頃、ピアノの先生から音楽学校の受験を勧められる[2]。それまで宝塚に全く興味が無かったが、どうせ受かるわけないし…と、母とダメ元で願書を提出[2]。その後になって、宙組公演「黎明の風/Passion 愛の旅」で宝塚を初観劇する[2]

春休み中もレッスンに明け暮れるクラスメイトに3日だけ休むことを伝え、こっそりと音楽学校の受験に臨む[2]。受験会場へ向かう電車の中ではクラスメイトと顔を合わせそうになり、慌てて気配を消す[2]。一次試験はあまりの次元の違いに衝撃を受け、二次試験はとにかく周りの生徒の見よう見まねでついていった[2]

合格発表当日、TVに映るということを知らなかったため、母と前列に居てしまい、その日の夕方のニュースで報道されてしまう[2]。結果、同級生から連絡の嵐を受ける羽目に[2]。その時点でもまだ宝塚に関して知識が乏しく、音楽学校と高校生活を両立できるものと思いこんでいた[2]

実妹は花組娘役の美里玲菜[10]

主な舞台編集

初舞台編集

  • 2010年4〜5月、月組『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』(宝塚大劇場のみ)

星組時代編集

  • 2010年7〜8月、『ロミオとジュリエット』(梅田芸術劇場博多座
  • 2010年10〜12月、『宝塚花の踊り絵巻-秋の踊り-』『愛と青春の旅だち
  • 2011年4〜7月、『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』-新人公演:ボーロ(本役:音波みのり)『めぐり会いは再び-My only shinin' star-
  • 2011年8〜9月、『ランスロット』(バウホール)-幼グウィネビア
  • 2011年11〜2012年2月、『オーシャンズ11
  • 2012年3月、『天使のはしご』(日本青年館・バウホール)-リディア
  • 2012年5〜8月、『ダンサ セレナータ』-カロリーナ、新人公演:リタ(本役:早乙女わかば)『Celebrity-セレブリティ-』
  • 2012年9月、『ジャン・ルイ・ファージョン-王妃の調香師-』(バウホール・日本青年館)-ヴィクトワール・ファージョン
  • 2012年11〜2013年2月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』『めぐり会いは再び 2nd〜Star Bride〜』-新人公演:レオニード(本役:音波みのり)『Étoile de TAKARAZUKA(エトワールドタカラヅカ)』-プティットアミ、新人公演:ヴァルゴファムA(本役:音波みのり)、ゴールドアリエス(本役:夢咲ねね)
  • 2013年3〜4月、『南太平洋』(シアタードラマシティ・日本青年館)-リアット
  • 2013年5〜8月、『ロミオとジュリエット』-キャピュレット(女)、新人公演:モンタギュー(女)
  • 2013年9〜10月、柚希礼音スペシャル・ライブ『REON!!Ⅱ』(東京国際フォーラム・博多座)
  • 2014年1〜3月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-』-マリー・ルイーズ、新人公演:テレーズ(本役:音花ゆり
  • 2014年5〜6月、『太陽王〜ル・ロワ・ソレイユ〜』(東急シアターオーブ)-マリー
  • 2014年7〜10月、『The Lost Glory-美しき幻影-』-ミラベル、新人公演:ディアナ・キャンベル(本役:夢咲ねね)『パッショネイト宝塚!』 新人公演初ヒロイン[3][7]
  • 2014年11月、柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』(日本武道館
  • 2014年12月、『アルカサル〜王城〜』(バウホール)-ブランシュ姫
  • 2015年2〜5月、『黒豹(くろひょう)の如(ごと)く』-モニカ、新人公演:カテリーナ・デ・ラミレス(本役:夢咲ねね)『Dear DIAMOND!!-101カラットの永遠の輝き-』 新人公演ヒロイン[7]
  • 2015年6〜7月、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(赤坂ACTシアター・シアタードラマシティ)-ブレンダ・ストロング 東上初ヒロイン[7]
  • 2015年8〜11月、『ガイズ&ドールズ』-ミミ、新人公演:サラ・ブラウン(本役:妃海風) 新人公演ヒロイン[7]
  • 2016年1月、『LOVE&DREAM-I.Sings Disney/II.Sings TAKARAZUKA-』(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
  • 2016年3〜6月、『こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…』-イーダ、新人公演:レブロフ伯爵夫人(本役:万里柚美)『THE ENTERTAINER!』
  • 2016年6月、『Bow Singing Workshop〜星〜』(バウホール)
  • 2016年8〜11月、『桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-』-竹下ヒサ、新人公演:大給夫人(本役:万里柚美)『ロマンス!! (Romance)

星組トップ娘役時代編集

出演イベント編集

  • 2011年1〜2月、TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY『DREAM TRAIL〜宝塚伝説〜』(外部出演)
  • 2011年7月、轟悠ディナーショー『Rendez-Vous〜今宵きみと〜』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ』〜プレ・プレ・センテニアル〜(コーラス)
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say!Hey!Show Up!!』
  • 2019年8月、綺咲愛里ミュージック・サロン『My Melody』

広告編集

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、108頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『波瀾爆笑!? 我が人生 綺咲愛里/宝塚GRAPH 2016年12月号』 宝塚クリエイティブアーツ、98-100頁。
  3. ^ a b c d e f g 娘役10年 覚悟を持って後任舞空へ継承/綺咲愛里日刊スポーツ
  4. ^ a b c d 宝塚歌劇星組の次期トップスターに紅ゆずる、次期トップ娘役に綺咲愛里ステージナタリー
  5. ^ a b c d 有言実行「全力宣言」星組新トップ相手役/綺咲愛里日刊スポーツ
  6. ^ 星組公演ミュージカル『太陽王~ル・ロワ・ソレイユ~』公演レポート宝塚ジャーナル
  7. ^ a b c d e フェアリーインタビューウィズたからづか
  8. ^ 星組新トップコンビ、紅ゆずる、綺咲愛里が初お目見得、「タカラヅカスペシャル2016」華やかに開催薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス
  9. ^ a b 紅ゆずるも綺咲愛里も涙…本拠地退団セレモニー「『言葉にできない』という歌って本当」(スポーツ報知)
  10. ^ 『宝塚おとめ2019年度版/母娘・姉妹ジェンヌ一覧』宝塚クリエイティブアーツ、2019年、97頁。ISBN 978-4-86649-089-2

外部リンク編集