日本 > 大阪府 > 池田市 > 綾羽 (池田市)

綾羽(あやは)は、大阪府池田市にある地名である[1][2]。一丁目から二丁目まである[3][2]。郵便番号は 563-0051 である[4]。当地域の人口は、2017年12月末時点で 720 人である(池田市市民生活部総合窓口課の資料による)[2]。面積は、2018年3月末時点で 0.404 平方キロメートルである(池田市市長公室広聴文書課の資料による)[2]

綾羽
伊居太神社
綾羽の位置(大阪府内)
綾羽
綾羽
綾羽の位置
北緯34度49分52.3秒 東経135度25分39.8秒 / 北緯34.831194度 東経135.427722度 / 34.831194; 135.427722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Osaka Prefecture.svg 大阪府
市町村 Flag of Ikeda, Osaka.svg 池田市
面積
 • 合計 0.404km2
人口
(2017年)
 • 合計 720人
郵便番号
563-0051

地理編集

池田市の中部に位置する[3]。南部に一丁目があり、北部に二丁目がある[3]。北は、木部町と接しており、西は、新町と接している[3]。南は、栄本町城山町建石町と接しており、東は、五月丘五丁目と接している[3][5]。二丁目の北部は、五月山の山域が広がっている[6][3]。当地域は、池田市立池田小学校および池田市立池田中学校の校区に含まれる[7]。二丁目は、池田山風致地区に指定されている[8]。当地域の南部には、大阪府道9号箕面池田線(山之手線)が通っている[3]

歴史編集

地名の由来は、二丁目にある伊居太神社に祀られている神が、穴織大明神(あやはだいみょうじん)であることによる[9][10][11]。1944年(昭和19年)4月、町名変更が行われ、米屋町が綾羽町一丁目に、仲之町、大西町が綾羽町二丁目に、小坂前町、寺内町が綾羽町三丁目にそれぞれ変更される[12][13]。同年末には、「綾羽新地」と呼称される花街ができた[14]

1951年(昭和26年)、商工会議所の設立に伴い、綾羽町商店会が結成される[14]。1954年(昭和29年)3月、五月山児童遊園が開設される[15]。1957年(昭和32年)、五月山動物園が開設される[16]。1958年(昭和38年)、二丁目に五月山ドライブウェイが整備される[17]。1964年(昭和39年)、五月山テニスコートが二丁目 6-11 に開設される[18]

1970年(昭和45年)3月1日、綾羽町一丁目から三丁目までおよび城山町、新町通三丁目が、綾羽一丁目、二丁目に変更される[19]。1973年(昭和48年)6月、五月山児童文化センターが開設される[20]。1978年(昭和53年)10月31日、娯三堂古墳が市指定文化財の史跡に指定される[21]。1992年(平成4年)3月18日、田中桐江の墓が市指定文化財の史跡に指定される[21]。1996年(平成8年)10月4日、池田市五月山体育館が開設される[22]。1997年(平成9年)、ふれあい橋が杉ヶ谷川に完成し、供用が開始される[23][24]

施設編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ クレハトリ・アヤハトリの言い伝えについて”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 池田市統計書 平成30年版”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 池田市全図”. 大阪の住まい活性化フォーラム. 2019年11月30日閲覧。
  4. ^ 郵便番号・住所”. 日本郵便. 2019年11月30日閲覧。
  5. ^ 『都市地図 大阪府 池田市』 2015.
  6. ^ 五月山ハイキングマップ”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
  7. ^ 市立学校通学区域表”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
    通学区域図”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
  8. ^ 大阪府内の風致地区”. 大阪府. 2019年11月30日閲覧。
  9. ^ 『池田歴史散歩 地名と文化財』 1999, p. 49.
  10. ^ 伊居太神社(いけだじんじゃ)”. 池田市観光協会. 2019年12月20日閲覧。
  11. ^ 『角川日本地名大辞典 27 大阪府』 1983, p. 98.
  12. ^ 『新修 池田市史 近代編』 2009, p. 688.
  13. ^ 『池田歴史散歩 地名と文化財』 1999, p. 48.
  14. ^ a b 『新修 池田市史 現代編』 2011, p. 81.
  15. ^ 『新修 池田市史 現代編』 2011, p. 763.
  16. ^ a b 五月山動物園”. 池田市観光協会. 2019年11月30日閲覧。
  17. ^ 五月山ドライブウェイ”. 日本自動車連盟. 2019年11月30日閲覧。
  18. ^ 『新修 池田市史 現代編』 2011, p. 632.
  19. ^ 『新修 池田市史 現代編』 2011, p. 564.
  20. ^ 『新修 池田市史 現代編』 2011, p. 645.
  21. ^ a b 池田市の歴史文化”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
  22. ^ 五月山体育館の概要”. 池田市五月山体育館. 2019年11月30日閲覧。
  23. ^ 広報 いけだ”. 池田市 (1997年9月15日). 2020年1月18日閲覧。
  24. ^ “池田市・ふれあい橋でヤマブキが満開”. マチゴト 豊中 池田. (2012年4月24日). http://machigoto.jp/news/detail/?art_id=2030 2020年1月18日閲覧。 
  25. ^ 『新修 池田市史 現代編』 2011, p. 764.
  26. ^ C地区(綾羽、城山町、栄本町、槻木町、室町、栄町、菅原町)”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。
  27. ^ 五月山体育館”. 池田市. 2019年11月30日閲覧。

参考文献編集

  • 『都市地図 大阪府 池田市』昭文社、2015年2月。ISBN 978-4-398-97735-9
  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 (編)『角川日本地名大辞典 27 大阪府』角川書店、1983年10月。ISBN 978-4-04-001270-4
  • 池田市史編纂委員会(編集)『新修 池田市史 第3巻 近代編』池田市、2009年3月31日。
  • 池田市史編纂委員会(編集)『新修 池田市史 第4巻 現代編』池田市、2011年3月31日。
  • 室田卓雄『池田歴史散歩 地名と文化財』いけだ市民文化振興財団、1999年8月。