メインメニューを開く

綾部 和(あやべ かず、1965年8月6日 - )は、日本のゲームクリエイター実業家ぼくのなつやすみシリーズの企画脚本ゲームデザイナーとして知られる。株式会社ミレニアムキッチンおよび株式会社惑星プロジェクト代表取締役。2014年以降は火星カレーなどの飲食プロデュースも行っている。北海道函館市生まれ[1]

来歴編集

東京デザイナー学院アニメーション科を卒業後、グラフィックデザイナープログラマとして、NMKおよび木村初(キム皇)の作品などに参加[2]。『エスパ冒険隊』『ザ・ラストバトル』など個性的なゲームのプログラミングを担当した。『落っことしパズル とんじゃん!?』や『ベリウスII~復讐の邪神~』では音楽も担当している[3]

1997年ミレニアムキッチンを設立。『ぼくのなつやすみ』で初めて企画・脚本・背景レイアウトなどを担当し、日本ゲーム大賞ニューウェイブ賞を受賞。以後、『ぼくのなつやすみ2』『ぼくらのかぞく』が文化庁メディア芸術祭・審査員推薦作品に[4]、『怪獣が出る金曜日』の海外版『GUILD-02 Attack of the Friday Monsters! A Tokyo Tale』が北米GDCアワード・ベストナラティブ部門佳作に選ばれている[5]

主な作品編集

ゲーム編集

書籍編集

  • 『ぼくのなつやすみ美術館』光村推古書院(2003年)構成・文[6]
  • 『水が氷になるとき』西炯子 - 小学館文庫(2004年)あとがき・解説[7]
  • 『背景画集 草薙3 日本の風景編』光村推古書院(2007年)解説・対談[8]
  • 『クロトシロくんの大冒険』ファミ通BOOKS(2011年) 構成・文(作画:サカイノビー)[9]

舞台編集

  • Kiramuneリーディングライブ『パンプキンファームの宇宙人』(2016年10月29日・30日舞浜アンフィシアター)脚本[10]

飲食店編集

出典編集

外部リンク編集