メインメニューを開く
シンガポールで販売されている綾鷹の缶
シンガポールで販売されている綾鷹の缶の側面。「急須でいれたような、にごりの旨み」を英語に訳した文が書かれている。
日本の綾鷹のペットボトル

綾鷹(あやたか)は、日本コカ・コーラが発売する緑茶飲料である。京都宇治の老舗茶舗上林春松本店との協働による製品。製品コピーは「急須で入れたような緑茶本来の“にごりのある色味”と“舌に旨みが残るふくよかな味わい”」。

目次

概要編集

サントリーが京都の老舗茶舗である福寿園と提携を行って開発し、2004年に発売された伊右衛門は爆発的ヒットとなり、その影響を受けて他社も老舗茶葉メーカーとの提携や茶葉生産名人の監修を受けるなど、味・原料・製法に関して付加価値の高い緑茶飲料の開発・発売が行われているが、日本コカ・コーラも長年苦戦している緑茶飲料に関して、他社を追撃するための戦略商品と位置付けされるプレミアム緑茶を展開することになり『綾鷹』が開発された[1]

ブランド名「綾鷹」と上林春松本店との協働編集

「綾鷹」というブランド名は上林春松本店が販売していた高級玉露に由来している。また、「綾」と「鷹」の字が持つ本来の意味とその組み合わせが、本製品の位置づけである「プレミアム緑茶」を表現していることから採用された。

年表編集

  • 2007年10月8日 - 発売開始。当初は280ml、350ml、425mlの3サイズ(いずれもPET)で、コンビニエンスストアと自動販売機限定で販売されていた。
  • 2008年
    • 9月22日 - リニューアル。茶葉使用量を増量すると共に、玉露の茎である雁が音(かりがね)などを加えた。すりガラスをモチーフとしたラベルデザインに変更。なお、サイズは425mlのみとなり、希望小売価格が158円から147円(いずれも5%消費税込)に値下げした。
    • 9月 - 缶入り製品「綾鷹 濃煎茶」を発売。
  • 2009年
    • 4月13日 - リニューアル。より甘みのある抹茶を使用し、抽出温度を下げた。
    • 5月25日 - スーパー・量販店へ販路を拡大。新設定となる500mlと1Lミディペットを追加。さらに280mlと350mlも復活した。(ただし発表されただけで350mlPETと1Lミディは販売されていない。)
    • 6月 - スーパー・量販店向けに2L大型ペットを追加発売。
    • 7月20日 - 水出し玉露仕立ての季節限定品「綾鷹 涼玉」を発売。500ml(PET)のみの設定。
    • 10月26日 - 秋季限定品「綾鷹 照葉(てりは)」を発売。500ml(PET)のみの設定。
  • 2010年
    • 3月1日 - リニューアル。抹茶の原料でもあるてん茶を加え、淹れ方も45度の低温で時間をかけて淹れた事で急須で丁寧に淹れたお茶の色合いに近づける工夫を凝らした。また、CVS限定だった425ml(PET)を廃止し、280ml/350ml/500ml/1L/2Lの5サイズ展開となった(全てペットボトル。地域により、160g缶・340g缶・250ml紙パックも設定される)。
    • 6月28日 - 季節限定品「綾鷹 涼玉」を再発売。
    • 9月21日 - 秋季限定品「綾鷹 焼き玄米茶」を発売。
  • 2011年
    • 3月7日 - 「綾鷹 上煎茶」のパッケージデザインをリニューアルし、商品名を「綾鷹」に変更。
    • 9月12日 - 350ml加温ペットをリニューアルし販売を再開(従来の角形から円筒形に変更)。
    • 10月10日 - 厳選された宇治抹茶と牛乳を使用した缶入り「綾鷹 抹茶ラテ」を発売。
  • 2012年
    • 2月27日 - 「綾鷹」のパッケージデザインをリニューアル。
    • 4月9日 - 新容量「スマートボトル」1.25Lペットボトルを北海道限定で発売。
    • 10月8日 - 「綾鷹 抹茶ラテ」をリニューアル発売。
  • 2014年
    • 3月17日 - 従来の500mlペットボトルの内容量を増量し、新容量として525mlペットボトルを発売。
    • 6月23日 - 「綾鷹 まろやか仕立て」を発売。
  • 2015年2月23日 - 「綾鷹」・「綾鷹 まろやか仕立て」の2Lペットボトルを「ecoるボトル ラク持ち」よりもスリム化した「ペコらくボトル」へ切替。併せて、「ペコらくボトル」を採用した1.5Lペットボトルを追加設定。
  • 2016年3月21日 - 「綾鷹 にごりほのか」を発売[2]
  • 2017年
    • 3月20日 - 「綾鷹」・「綾鷹 にごりほのか」をリニューアル。525mlペットボトルは「湯呑み型ボトル」を採用。「綾鷹」は中身も改良し、茶葉を組み合わせる技術「合組(ごうぐみ)」を採用した[3]
    • 9月4日 - 加温ペットボトル製品をリニューアルし、「綾鷹 ホット専用」として発売[4]
    • 10月9日 - 「綾鷹 珠玉の極み」を発売(発売当初は290mlボトル缶のみで、セブン&アイホールディングスの店舗先行、同年10月23日には自動販売機向けの185g缶を追加発売)[5]
  • 2018年
    • 2月26日 - 「綾鷹 茶葉のうまみ」を発売[6]
    • 6月18日 - 「綾鷹 ほうじ茶」を発売[7]。同時に、全種類の<ディズニー>ラッキーボトルも発売[8](525mlペットボトルと2Lペットボトルのみの設定、「綾鷹 ほうじ茶」の525mlペットボトルは発売時<ディズニー>ラッキーボトルでの発売となる。なお、<ディズニー>ラッキーボトルは「爽健美茶」・「爽健美茶 健康素材の麦茶」にも設定された)。
    • 9月24日 - ブランド初の特定保健用食品「綾鷹 特選茶」を発売[9]
  • 2019年
    • 2月25日 - 「綾鷹 茶葉のあまみ」をリニューアル。水出し玉露が加えられた[10]
    • 4月1日 - 「綾鷹 特撰茶」をリニューアル。パッケージデザインが変更されたほか、既存品(500mlペットボトル)2本分に相当する1Lペットボトルが追加発売された[11]
    • 5月13日 - 「綾鷹 ほうじ茶」をリニューアル。棒ほうじが加えられた。また、容量のラインナップが追加され、410mlペットボトルと430mlペットボトルが追加設定された(なお、地域によっては取扱が無い場合がある)[12]

これまで行われた消費者向けキャンペーン編集

2007年10月の全国発売に先駆け、9月24日、コカ・コーラ社はWeb上で「お取り寄せサンプリング」と題したオフィスサンプリング(職場向けに実施する試飲企画)を実施。先着分と抽選分に分かれていたが、先着分は応募開始直後に終了した。この他にもオフィス街でのイベントサンプリングを実施。店頭向けとしてはコンビニエンスストア販売分にてオリジナルグラスとのセット販売、上林春松本店の抹茶を使用したおかき、蜂蜜かりんとうを景品として提供するキャンペーンを行った。2008年3月、再びオフィスサンプリングを実施。

2008年9月のリニューアル時には、綾鷹発売1周年記念キャンペーンと題して煎茶の茶葉や切子グラスをプレゼントするWEBプロモーションを行った。

また、2009年9月から12月にかけて実施された缶コーヒーのジョージアのキャンペーン「NEWジョージアカタログ」へ応募することができた(500ml以下のキャンペーンシール貼付品が対象、缶製品の「濃煎茶」は対象外)。なお、キャンペーンシールは未登録で有効期限内であれば、「ジョージア ポイントプログラム」に貯める事ができ、以降に実施される「ジョージア」のキャンペーンへの応募に使用することができた。

CMとPR編集

製品のPRとして高島礼子が発売記念セレモニーに出席。製品CMには真田広之が出演。京都で実際に舞妓を務める君晴(きみはる)が同CMに舞妓として出演している。2011年より池田昌子がCMナレーションを務めている。2017年からは吉岡里帆がCMに出演。また、「綾鷹 特選茶」では佐藤浩市が起用されている。

製品ラインナップ編集

  • 綾鷹
    • 160g缶
    • 250mlスリムパック
    • 280mlペットボトル - 自動販売機中心
    • 300mlペットボトル
    • 340g缶 - 自動販売機中心
    • 415mlペットボトル - 自動販売機中心
    • 525mlペットボトル - スーパー・量販店・自動販売機中心。
    • 1L紙パック - JAL用、一般向けの販売はされていない。
    • 1Lペットボトル - 「ミディペット」仕様
    • 1.25Lペットボトル - 「スマートボトル」仕様でスーパー・量販店中心。北海道限定。
    • 2Lペットボトル - 「ペコらくボトル」仕様。スーパー・量販店中心。
    • 280ml加温ペットボトル[ホット専用] - 自動販売機中心
    • 350ml加温ペットボトル[ホット専用]
    • 440ml加温ペットボトル[ホット専用] - コンビニエンスストア中心
  • 綾鷹 茶葉のあまみ
    • 525mlペットボトル
    • 2Lペットボトル - 「ペコらくボトル」仕様
  • 綾鷹 ほうじ茶
    • 410mlペットボトル - スリムボトル仕様
    • 430mlペットボトル
    • 525mlペットボトル
    • 2Lペットボトル - 「ペコらくボトル」仕様
  • 綾鷹 特選茶【特定保健用食品】
    • 500mlペットボトル
    • 1Lペットボトル

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 緑茶も「プレミアム戦争」勃発…市場飽和で差別化図る FujiSankei Business i. 2007年8月29日
  2. ^ “すっきりさわやかな新しい緑茶「綾鷹にごりほのか」3月21日から全国で新発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2016年2月25日), http://www.cocacola.co.jp/press-center/press-release/news-20160225 2016年3月22日閲覧。 
  3. ^ “新しくなった「綾鷹」、「綾鷹 にごりほのか」2017年3月20日発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2017年3月1日), http://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20170301 2017年3月27日閲覧。 
  4. ^ “新しくなった「綾鷹」、「綾鷹 にごりほのか」2017年3月20日発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2017年8月21日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20170821-11 2019年5月9日閲覧。 
  5. ^ “ブランド史上最も深い“にごり”を実現した“プレミアム緑茶「綾鷹 珠玉の深み」 10月9日発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2017年10月3日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20171003-11 2019年5月9日閲覧。 
  6. ^ “「綾鷹 茶葉のあまみ」 2月26日(月)発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2018年2月26日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20180226-11-01 2019年5月9日閲覧。 
  7. ^ ““手いれのようなほうじ茶のにごり”にこだわった「綾鷹 ほうじ茶」 6月18日(月)発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2018年6月11日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20180611-11 2019年5月9日閲覧。 
  8. ^ (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2018年6月18日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20180618-10+2019年5月9日閲覧。 
  9. ^ “日本で唯一の、“にごり”のあるトクホ緑茶「綾鷹 特選茶」9月24日(月)新発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2018年8月10日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20180810-13 2019年5月9日閲覧。 
  10. ^ ““あまみ”をさらに際立たせてリニューアル「綾鷹 茶葉のあまみ」2月25日(月)から全国発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2019年2月21日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20190221-11 2019年5月9日閲覧。 
  11. ^ “脂肪と糖にはたらくトクホの綾鷹「綾鷹 特選茶」 4月1日(月)からリニューアルして発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2019年3月28日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20190328-11 2019年5月9日閲覧。 
  12. ^ ““しっかりした味と香ばしい香り”になって「綾鷹 ほうじ茶」 5月13日(月)から全国発売” (プレスリリース), 日本コカ・コーラ株式会社, (2019年5月9日), https://www.cocacola.co.jp/press-center/news-20190509-11 2019年5月28日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集