メインメニューを開く

綿引 穣(わたひき ゆたか、1952年 - )は、日本の元裁判官公証人

来歴・人物編集

東京都出身。中央大学法学部法律学科卒業。1977年旧司法試験合格。1978司法修習生32期(東京)。那覇地方裁判所家庭裁判所東京地方裁判所民事第12部部総括判事、東京高等裁判所判事、福岡高等裁判所那覇支部長を経て、2013年1月、東京高等裁判所判事。2014年3月31日依願退官。同年7月1日立川公証役場公証人[1]

妻の万里子も裁判官(名古屋高等裁判所長官)である。

主な裁判編集

脚注編集

  1. ^ 指定公証人一覧法務省(平成29年3月6日現在)