メインメニューを開く

総合雑誌(そうごうざっし)とは、政治経済社会文化全般についての評論などを掲載する雑誌。いわゆる『論壇』を構成する雑誌として扱われてきた事情もあり、オピニオン誌もふくめてこの範囲にいれることが多い。

総合雑誌が意味を持ち始めたのは、1920年代である。このころ、既存の『中央公論』とそれに対抗する形で創刊された『改造』が、論壇のみならず文壇の形成にも大きく寄与し、日本のオピニオンリーダーとしての発信舞台となった。当初は文芸雑誌として出発した『文藝春秋』や、後発の『日本評論』(当初の誌名は『経済往来』)も、1930年代には重要な雑誌に成長した。『出版年鑑』では、1934年版から、『改造』『中央公論』『文藝春秋』『経済往来』の4誌を、〈総合雑誌〉のくくりにいれて叙述し始めた[1]。総合雑誌はその内容も以前の雑誌とは異なっており、ジャーナリズムとは分け隔っていたアカデミズムの学者の論考が掲載されるようになったり、他分野の研究者が文学について論じその逆に文学者が社会問題を論じるなど、総合雑誌の誌面は分野を横断する内容となっていった[2]

戦後もその傾向はつづき、『改造』『日本評論』は撤退したが、戦後創刊された『世界』や『展望』があらたに加わり、世論形成において大きな役割を果たし、「知識人」のみならず学生などの若者たちにも広く読まれていたが、1970年頃を境に次第に若者の総合誌離れが進んだ。また、掲載される文学作品も、時代小説などのエンターテインメント系の作品が主となり、有力な作品は文芸雑誌に掲載されるようになったことも、衰退に拍車を掛けた。また、『正論』『諸君!』などのいわゆるオピニオン誌が独立して刊行されるようになったことも、総合雑誌の意味を薄める方向に働いた。

発行部数の減少による採算割れにも関わらず前述の雑誌を始めとして、幾つもの雑誌が存続しており、少ない発行部数から影響力は限定されるが、市場の論理を超えた「言論の場」を形成している。

清水幾太郎は、総合雑誌の論文とそれを批評する論壇時評について以下述べている[3]

(総合雑誌の言論は)リアリティと遠く離れたペダンティックな理想論か、社会主義に関するメソメソした弁明が多い。そうでなければ、文字が実物でなく、シンボルであることさえ忘れて、激烈な文字を連ねさえすれば、それで現実に激烈な変化が生ずると思い込んだ、スポーツ新聞のプロレス記事のような急進的大文章である。(中略)毎月、多くの新聞に載る「論壇時評」(中略)を本気で読むのは、当の筆者と、彼に褒められている人間くらいのものであろう。考えて茲に至ると、一目でパッと判る漫画と、他人は誰も読まぬ言論とは、背中合わせの共犯者のように見える。 — 「時評」『東京新聞』、1979年10月1日

21世紀になって、『現代』、『論座』、『諸君!』、『新潮45』などの休刊がつづき、今後を危ぶむ意見もうまれている。この種の総合雑誌は、実売部数5~6万部が採算ラインとされ、『論座』は実売1万部以下の時もあり、『現代』も実売4万部を切ることがあり、採算ラインを大きく下回っていたという[4]

なお、週刊誌のなかにも、総合的な内容を扱うものも存在しているが、それは、〈総合週刊誌〉というわくに分類され、ここでいう〈総合雑誌〉には含めないのが、通例である。

脚注編集

  1. ^ 大澤聡『批評メディア論』(岩波書店、2015)、p34
  2. ^ 大澤聡「「編輯」と「綜合」──研究領域としての雑誌メディア」吉田則昭・岡田章子編『雑誌メディアの文化史―変貌する戦後パラダイム』(森話社、2012)
  3. ^ 竹内 2012, p. 302.
  4. ^ 週刊エコノミスト 2008年10月14日、66頁

参考文献編集

  • 竹内, 洋『メディアと知識人 - 清水幾太郎の覇権と忘却』中央公論新社、2012年。ISBN 978-4120044052

関連項目編集