メインメニューを開く

緑嶋 英三(みどりしま えいぞう、1923年1月25日 - )は、かつて立浪部屋に所属した大相撲力士である。本名は今井 英三(いまい えいぞう)。北海道石狩郡石狩町(現在の北海道石狩市)出身。現役時代の体格は176cm、88kg。自己最高位は東前頭4枚目(1947年11月場所)。得意手は左四つ、押し[1]

目次

来歴・人物編集

16歳の時に上京して角界入りし、1940年1月場所にて初土俵を踏んだ[1]

当初の四股名は、故郷の北海道石狩郡に因んだ「石狩岩」(その後、当時の立浪部屋の師匠である元小結緑嶋友之助の現役名をそのまま貰って、「緑嶋」と改名している)[1]

以来、順調に出世し、負け越しなしで1944年1月場所で十両に昇進。

その後、1945年6月場所で入幕を果たし、以降は主に幕内中位で活躍した。細身ながら筋肉質でバネがあり足腰が柔らかく、押し、左四つからの投げ、切り返しなどを見せる技能派力士だった[1]

腰の負傷のため、1949年5月場所限り、26歳で廃業した[1]

なお、実弟は春日野部屋に入門し、本名と同じ「今井」の名で幕下まで昇進している。

主な戦績編集

  • 通算成績:103勝74敗15休 勝率.582
  • 幕内成績:43勝43敗15休 勝率.500
  • 現役在位:20場所
  • 幕内在位:9場所

場所別成績編集

   
緑嶋 英三
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1940年
(昭和15年)
(前相撲) x 東序ノ口22枚目
5–3 
x
1941年
(昭和16年)
西序二段61枚目
5–3 
x 西三段目65枚目
7–1 
x
1942年
(昭和17年)
東三段目13枚目
7–1 
x 西幕下22枚目
6–2 
x
1943年
(昭和18年)
東幕下7枚目
5–3 
x 西幕下筆頭
5–3 
x
1944年
(昭和19年)
西十両11枚目
6–9 
x 東十両13枚目
7–3 
東十両4枚目
7–3 
1945年
(昭和20年)
x x 西前頭15枚目
5–2 
西前頭13枚目
7–3 
1946年
(昭和21年)
x x x 西前頭4枚目
3–10 
1947年
(昭和22年)
x x 東前頭9枚目
8–2 
東前頭4枚目
4–7 
1948年
(昭和23年)
x x 西前頭9枚目
5–6 
東前頭12枚目
6–5 
1949年
(昭和24年)
西前頭10枚目
5–8 
x 西前頭12枚目
引退
0–0–15
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 石狩岩 英三(いしかりいわ えいぞう、1940年5月場所-1943年5月場所)
  • 緑嶋 英三(みどりしま - 、1944年1月場所-1949年5月場所)

脚注編集

  1. ^ a b c d e ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(4) 立浪部屋』p26

関連項目編集