緑色の亀の秘密』(みどりいろのかめのひみつ、The Green Turtle Mystery )は、1943年に刊行されたエラリー・クイーン推理小説

緑色の亀の秘密
The Green Turtle Mystery
著者 エラリー・クイーン
発行日 アメリカ合衆国の旗1943年
日本の旗1958年
発行元 アメリカ合衆国の旗pocket books
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 赤いリスの秘密
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

エラリー・クイーン・ジュニア名義[1]だが、日本ではエラリー・クイーン名義で翻訳・出版された[2]

作家エラリー・クイーンが児童向けに発表した作品であり、ジュナの冒険シリーズの第3作でもある。怪しい空き家と、世間を騒がす偽札事件の謎を追う。

提示される謎編集

  • 一日おきに空き家になる家

主な登場人物編集

  • ジュナ - 主人公。エデンボロの村に住む少年。チャンプという名前の黒いを飼っている。
  • エラリイ - ジュナのおばさん。初老の婦人。ジュナと二人で暮らしている。
  • チャンプ - ジュナの愛犬。
  • ジョージ - 村の大工で何でも屋。

内容編集

タイトルは「」だが、偽札偽造事件の手がかりになるのは、むしろ「オウム」のほうである。

日本語訳書編集

  • 『緑色の亀の秘密 ジュナの冒険3』 都筑道夫(解説)ハヤカワ文庫 Jr.3、1978年
  • 『見習い探偵ジュナの冒険 幽霊屋敷と消えたオウム』 角川つばさ文庫 2016年

脚注編集

  1. ^ 実際には、フランク・ダルナップ・ロングが執筆し、クイーンのうちリーが監修したもの。
  2. ^ 早川書房「ハヤカワ文庫 JR3」(1978年)では「エラリイ・クイーン」と表記されている。