メインメニューを開く
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

緑14号(みどり14ごう)は、日本国有鉄道(国鉄)が定めた名称の1つである。

緑14号
慣用色名称「モスグリーン」
 
16進表記 #246029
RGB (36, 96, 41)
マンセル値 10GY 3.53/6.7
出典 鉄道ジャーナル通巻217号 特集「鉄道車両 色彩の美学」
緑14号を帯色とした新幹線200系
緑14号を斜めストライプに配した185系電車

概要編集

慣用色名称は「モスグリーン」である。マンセル値は「10GY 3.53/6.7」。緑2号よりもやや明るい緑色である。

1980年、東北上越新幹線用に製造された200系において、窓周り及びスカートの色として採用されたのが始まりである。また、1981年に登場した185系電車の帯色としても採用されたが、斜めストライプという当時としては斬新なデザインが採用され、話題となった。

その後、九州西部の近郊形電車や、東北地方の急行形電車・近郊形電車にも採用されている。一貫して帯色として使用されており、地色としての採用例はない。

また、JR東日本のコーポレートカラーもこの色に近い色合いである。

日本国外では、旧ソ連時代末期のロシア客車の標準塗色がこの色に近い色合いで地色として採用されていた。

使用車両編集

近似色編集

関連項目編集