メインメニューを開く

緒方 修(おがた おさむ、1950年6月17日 - )は、佐賀県[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

緒方 修
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
生年月日 (1950-06-17) 1950年6月17日(69歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト2位
初出場 1971年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

厳木高校では、エースとして1967年秋季九州大会に進むが、1回戦で楠城徹のいた小倉高に敗退。

1968年ドラフト会議南海ホークスから2位指名を受け入団[1]。九州では屈指の本格派投手として稲尾二世と評判が高く巨人、西鉄、中日なども目をつけていた。 上手投げでスピードはないが、落ちるカーブを主体にスライダーとシュートを内角に散らすピッチングが持味だった。

1971年に一軍に上がり、9月5日には東映を相手に初先発を果たす。9月15日には阪急を相手に先発、石井茂雄と投げ合い6回2/3を1失点と好投、プロ初勝利を記録した。しかし翌年以降は一軍での登板機会がなく、1975年限りで引退[1]。引退後は大阪の日本料理店で板前、コーヒー専門店のチーフとして従事した。

1973年4月25日ウエスタン・リーグ阪神戦で1回裏に主審が負傷退場。公式戦初のケースであったが、規約により両チームから緒方と伊藤幸男が臨時審判員となり試合を進行した。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1971 南海 11 4 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 103 24.1 19 2 12 0 0 16 0 0 7 4 1.50 1.27
通算:1年 11 4 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 103 24.1 19 2 12 0 0 16 0 0 7 4 1.50 1.27

背番号編集

  • 36 (1969年)
  • 32 (1970年 - 1973年)
  • 66 (1974年 - 1975年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、117ページ