メインメニューを開く

緒方 汐音(おがた しおね、1988年10月3日 - )は、日本の女子プロボクサー大阪府泉南市出身。大阪国際大学人間科学部スポーツ行動学科卒業[1]ハラダボクシングジムでプロデビュー後、ワイルドビートボクシングスポーツジムを経て、現在は寝屋川石田ボクシングクラブ所属。第2代WBO女子アジア太平洋ライトフライ級王者。第6代OPBF女子東洋太平洋ライトフライ級王者。

緒方 汐音
基本情報
本名 緒方 汐音
(おがた しおね)
階級 ライトフライ級
身長 163cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1988-10-03) 1988年10月3日(30歳)
出身地 大阪府泉南市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 17
勝ち 11
KO勝ち 3
敗け 6
テンプレートを表示

目次

来歴編集

日ノ本学園高等学校でサッカー選手として活躍後、大阪国際大学では同女子サッカー部のインカレ初出場に貢献するが、怪我などの影響でフットサルに転向後、元プロボクサーの指導者と出会い、アマチュアのジムでボクシングを始める[1]

卒業後の2011年11月、プロテスト合格。

2012年4月13日、大阪府立体育会館第二競技場にて玉森麻保(エディタウンゼント)戦でプロデビューも判定負け。

9月16日、浜本瑠美子(ワイルドビート)戦でプロ3戦目で初勝利。

しかし、その後は3連敗を喫し、2014年6月20日、8戦目で2勝目。6連勝をマーク。

2017年3月13日、初の後楽園ホールで矢吹純(協栄)と対戦も判定負けで連勝ストップ[2]

9月30日、KBSホールにて東洋太平洋ミニフライ級王者で後のIBF女子世界アトム級王者花形冴美と対戦、判定を制して現役チャンピオンから金星を挙げる[3]

2018年2月11日、  フィリピンマニラにてフロイピック・モンテロとのWBA女子アジアライトフライ級王座決定戦に挑み3-0の判定で勝利し敵地で初タイトル獲得[4]

9月2日、寝屋川市立市民会館にて塙英理加(UNITED)とのWBO女子アジア太平洋ライトフライ級王座決定戦に挑み3-0の判定で勝利し2冠目獲得[5]

2019年4月14日、チャリマエ・サルバドール(  フィリピン)とのOPBF女子東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦に挑み、5回2分57秒で勝利し東洋太平洋王座獲得[6]

戦績編集

  • プロ:11勝 3KO 6敗

獲得タイトル編集

  • WBA女子アジアライトフライ級王座
  • 第2代WBO女子アジア太平洋ライトフライ級王座(防衛0)
  • 第6代OPBF女子東洋太平洋ライトフライ級王座(防衛0)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
天海ツナミ
第2代WBO女子アジア太平洋ライトフライ級王者

2018年9月3日 - 現在

次王者
N/A
空位
前タイトル保持者
岩川美花
第6代OPBF女子東洋太平洋ライトフライ級王者

2019年4月14日 - 現在

次王者
N/A