メインメニューを開く

練馬区立石神井公園ふるさと文化館

練馬区立石神井公園ふるさと文化館(ねりまくりつしゃくじいこうえんふるさとぶんかかん)は、練馬区の都立石神井公園に隣接する郷土資料館。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 練馬区立石神井公園ふるさと文化館
Nerima Shakujiikoen Furusato Museum
Nerima Shakujiikoen Furusato Museum.jpg
施設情報
前身 練馬区郷土資料館
専門分野 郷土史
事業主体 練馬区
管理運営 公益財団法人 練馬区文化振興協会
延床面積 3,191.18 m2
開館 2010年3月28日
所在地 177-0041
東京都練馬区石神井町五丁目12番16号
位置 北緯35度44分15秒 東経139度35分58秒 / 北緯35.73750度 東経139.59944度 / 35.73750; 139.59944座標: 北緯35度44分15秒 東経139度35分58秒 / 北緯35.73750度 東経139.59944度 / 35.73750; 139.59944
アクセス 西武池袋線石神井公園駅徒歩15分
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

練馬区の歴史や伝統文化、自然、観光情報を発信する博物館。「ふ(ふれあい)る(ルーツをさぐる)さ(さわれる)と(とりかえられる)」をテーマに、常設展示では、ハンズ・オン展示や実物大再現展示の手法を随所に導入し、展示と体験のコラボレーションにより、静的な観覧から「楽しさ」を契機として、さまざまな活動へと誘う展示構成としている。 隣接する石神井公園池淵史跡公園の緑と調和した端正なデザインの建物。 設計は建築家 武田有左による[1]

沿革編集

  • 2006年度 : 基本設計
    基本的な設計として、運営・展示基本計画と建築基本設計を統合して実施。
  • 2007年度 : 実施設計
    建設工事設計図・展示設計図を作成。
  • 2008年度-2009年度 : 工事
    (旧)練馬区立石神井プールの敷地他にて、建設・展示工事。
  • 2010年3月28日 : 開館。初代館長は小金井 靖。
  • 2014年4月1日 : 指定管理者制度導入
    指定管理者 : 公益財団法人 練馬区文化振興協会

参考文献編集

  • ランドスケープデザイン No.74 マルモ出版

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本建築家協会より「[1]