縄文海進(じょうもんかいしん)は、縄文時代に日本で発生した海水面の上昇のことである。約6,500年前-約6,000年前にピークを迎え、ピーク時の海面は現在より約5m高く、気候は現在より温暖・湿潤[要出典]で平均気温が1-2℃高かった[1]地質学的には有楽町海進(日本では有楽町で最初に調べられたことから)、完新世海進後氷期海進(Holocene glacial retreat)などと呼ばれる[2]

年平均気温(右が現在)

目次

歴史編集

最終氷期の最寒冷期後、約19000年前から始まった海面上昇は、沖積層の堆積より速かったので、日本では最終氷期に大河によって海岸から奥深くまで浸食された河谷には海が入り込み、関東平野では古鬼怒湾鬼怒川)や奥東京湾[3]利根川渡良瀬川荒川(当時は入間川)、元荒川(当時の荒川)など。荒川付近の水域は「古入間湾」とも呼ばれる[1])を形成し、大宮台地[4]などは半島となっていた。その後は沖積層の堆積が追いつき、上記の湾は現在の低地平野となっている(霞ヶ浦は堆積が進まなかったので現在でも湖水を湛えている)。

 
1926年時点の関東平野地図に、縄文海進時代の海進領域(斜線部)を重ねた地図

最寒冷期後の海面は、氷床から遠く離れた場所で年速1-2cmで100m以上上昇した。しかしこの現象が見られるのは氷床から遠い地域だけであり、氷床のあったイギリス北米などでは見られない。これは、氷床が溶け重みがなくなり、海面上昇速度よりも速く陸地が隆起したからである[2]。その典型がノルウェーのフィヨルド地形である。

縄文海進は、貝塚の存在から提唱されたものである。海岸線付近に多数あるはずの貝塚が、内陸部で発見されたことから海進説が唱えられた。当初は、日本で活発に起きている火山噴火地震による沈降説も唱えられたが、その後、海水面の上昇が世界的に発生していたことが確認され裏付けられた。

原因編集

この時期は最終氷期終了の後に起きた世界的に温暖化の時期に相当する(完新世の気候最温暖期)。また、北半球の氷床が完新世では最も多く融けていたため、世界的に海水準が高くなった時期に当たる。この温暖化の原因は地球軌道要素の変化による日射量の増大とされている。しかし、日射量のピークは9000年前であり、7000年前の海進と異なる[2]。近年の地球温暖化の議論では、過去の温暖化の例として、小説[5]などでもしばしば取り上げられている。

研究史と低位海面論編集

関東地方の貝塚は内陸奥深くに分布することから、旧汀線はその付近にあると考えられる。この学説[6]関東大震災から3年後に発表されており、当時、房総半島南部や三浦半島の隆起と関東平野の沈降が観測され、房総半島の海岸段丘も過去の巨大地震との関連として注目されており、内陸における貝塚分布は陸地沈降とその後の埋積作用の証拠の一つと考えられた。当時の復興局は多数のボーリング調査を行い、関東平野には後に「有楽町層」と呼ばれる海成粘土層が広範に堆積していることを明らかとしている。

貝塚の貝類組成には仙台湾においても、現在三河湾以南とされるハイガイ等を含んでおり、当時の気候は現在よりも暖かいものと考えられた。縄文土器編年の原形を作り上げた山内清男はこうした温暖化を伴う「有楽町層」の形成をヨーロッパのリトリナⅣ海進の時期(デンマークのエルテベレ貝塚最末期)に相当する地球的な規模の海水準変動のひとつと考えた[7]。「有楽町海進」は、のちに「縄文海進」と称されるようになり、約5500年前の縄文前期中葉の海進頂期には、海水準は現在の標高4.4m、気温+2℃の世界が想定されている[8]

一方、こうした高位海面論に対し、西ヨーロッパや北米大陸では現海水準よりも高い旧汀線は確認されず、日本列島等の「見かけの高位旧汀線」はすべて地盤変動の結果であり、現海水準が完新世の最高水準で、高位海面期はなかったとする低位海面論も有力な学説である。さらに極地方の数千mに及んだとされる氷床の溶融による隆起と、逆に海水の増加が引き起こした加重による沈降で、沿海部が海側に引き込まれる現象(ハイドロアイソスタシー)によって、西部九州の海抜-3~4mにある縄文前期の海底遺跡群は現在、説明がなされている[9]。神奈川県小田原市羽根尾貝塚[10]では標高22mの高所から縄文前期の旧中村湾汀線が確認され、もはや一律の海水準変動で貝塚分布を説明することはできなくなっている。

縄文前期の温暖化についても、太平洋深海底の珪藻分析によって、当時黒潮由来の暖水渦の発生により黒潮の勢力が現在よりも北方まで及んでいたことが明らか[11]とされ、必ずしも地球的な規模での温暖化ではなく日本近海における地域現象のひとつと考えられている。

仙台湾最奥の鹹水産貝塚は岩手県一関市藤沢町七日市貝塚(早期後葉~前期初頭)[12]で海抜-3.5m、宮城県柴田町金谷貝塚では海抜-2m 付近から木製櫂(前期?)が出土しており、縄文前期の海水準が現在の海水準より高かったとする明確な証拠はなく、「仙台平野では縄文時代を通じ現海水面を上回る高海水準は存在しなかった。」[13]「海抜1m前後であり,それを大幅に上回ることはない。」[14]と関東地方とは大きく異なる評価となっている。

日本列島は四つのプレートがひしめき合う脆弱な構造[15][16]の火山列島であり、貝塚の分布はその列島史とともに被災履歴をも示している可能性がある。[17]

脚注編集

  1. ^ a b 第2章 富士見の歴史”. 富士見市. 2017年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c 縄文海進の原因について。日本史教科書には温暖化で氷河が溶けたためとあるのですが、氷河は主因ですか。”. 日本第四紀学会. 2017年4月28日閲覧。
  3. ^ 地面の下って、どうなっているの?”. 埼玉県環境科学国際センター. 2017年4月28日閲覧。
  4. ^ さいたま市立博物館の常設展示”. さいたま市. 2017年4月28日閲覧。
  5. ^ 例えば、2005年に出版され話題となった中沢新一アースダイバー』は、東京における縄文海進による水没範囲を実際よりも過大に示しているが、この本をフィクションと考えない人も多く、誤解を生む原因になっている。
  6. ^ 東木龍七1926「地形と貝塚分布より見たる関東低地の旧海岸線」『地理学評論』第2巻第7号 https://www.jstage.jst.go.jp/article/grj1925/2/7/2_7_597/_pdf/-char/ja
  7. ^ 山内清男1967「縄紋土器の改定年代と海進の時期について」『古代』第48号、pp.1-16 この年代観は短期編年論と呼ばれ、のちに破綻する。参考:長沼正樹2005「日本列島における更新世終末期の考古学的研究 : 縄文文化起源論と旧石器終末期研究の学説史に着目して-」『論集忍路子』pp.57-73 https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/59224/2/naganuma-Oshorokko-1.pdf
  8. ^ 松島義章2006『貝が語る縄文海進-南関東、+2度の世界』有隣新書64
  9. ^ 中田正夫・前田保夫ほか1994「ハイドロアイソスタシーと西九州の水中遺跡」『第四紀研究』第33巻第5号pp.361-368 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaqua1957/33/5/33_5_361/_pdf
  10. ^ 戸田哲也・舘弘子2001「羽根尾貝塚の発掘調査とその意義」『日本考古学』第11号 https://www.jstage.jst.go.jp/article/nihonkokogaku1994/8/11/8_11_133/_pdf
  11. ^ 山本浩文2009「本州東方沖北西太平洋における化石群集解析による海洋表層循環系の考察」『地質学雑誌』第115巻第7号pp.333-343 https://www.jstage.jst.go.jp/article/geosoc/115/7/115_7_333/_pdf/-char/ja
  12. ^ 熊谷常正1983「岩手県における縄文時代前期土器群の成立--条痕文系土器群から羽状縄文土器群へ」『岩手県立博物館研究報告』第1号 pp.45~65
  13. ^ 小元久仁夫・大内定1978「仙台平野の完新世海水準変化に関する資料」『地理学評論』第51巻第2号pp.158-175 https://www.jstage.jst.go.jp/article/grj1925/51/2/51_2_158/_pdf/-char/ja
  14. ^ 『仙台市史』通史編1(1999)。伊藤晶文2003「北上川下流低地における浜堤列の形成時期と完新世後期の海水準変動」『地理学評論』第76巻第7号pp.537-550 https://www.jstage.jst.go.jp/article/grj2002/76/7/76_7_537/_pdf/-char/en
  15. ^ 太田陽子・松島義章・海津正倫1988「日本列島の縄文海進高頂期の海岸線図について」『地図』第26巻第1号 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjca1963/26/1/26_1_25/_pdf
  16. ^ 前杢英明2006「室戸半島の第四紀地殻変動と地震隆起」『地質学雑誌』第112巻 補遺,pp.17~26 https://www.jstage.jst.go.jp/article/geosoc/112/Supplement/112_Supplement_S17/_pdf
  17. ^ この章は、相原淳一2018『「縄文海進」と貝塚の分布』『東北歴史博物館友の会だより』第19号 http://thmtomo.up.seesaa.net/pdf/News19.pdf より引用

関連項目編集

外部リンク編集