縣秀彦

縣 秀彦(あがた ひでひこ、1961年 - )は、日本天文学者教育者。専門は天文教育、科学教育。博士(教育学)東京学芸大学、2003年)。自然科学研究機構国立天文台准教授、総合研究大学院大学准教授を兼務。長野県北安曇郡八坂村(現・大町市)生まれ。

目次

略歴編集

  • 1985年 東京学芸大学教育学部特別教科教員養成課程卒業(教育学士)
  • 1985年 学校法人駿台学園高等学校教諭 (1994年まで)
  • 1993年 東京学芸大学大学院教育学研究科理科教育専攻修了(教育学修士)
  • 1994年 東京大学教育学部附属中等教育学校教諭(1999年まで)
  • 1999年 国立天文台天文情報公開センター助手
  • 2003年 国立天文台天文情報公開センター広報普及室長(2006年7月まで)
  • 2003年1月 東京学芸大学より博士(教育学)。論文の題は「大学・研究機関からの学校教育支援活動のあり方に関する実証的研究 : 天文教育における真正資源を用いた学習支援に関する考察を中心に 」[1]
  • 2003年8月 国立天文台天文情報センター普及室長
  • 2005年 国立天文台天文情報センター助教授/准教授

活動編集

日本天文学会天文教材委員会委員長、NHK高校講座「理科総合」・「地学」講師、「一家に1枚宇宙図2007」制作委員会委員長などを務めた。インターネットや科学イベントを通じた天文学成果の普及や教育効果についての研究を行い、科学館への助言や執筆活動も行っている。

天文学者としては彗星のプラズマテイルに関する研究を行っていた。

現在、ラジオ深夜便で「ないとガイド・星空見上げて」のコーナーのパーソナリティーをしている。

著書編集

単著編集

共著編集

監修編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース