縫線核(ほうせんかく)とは脊椎動物脳幹にある神経核の一つである。大きく吻側核群、背側縫線核、 尾側核群に細分類される[1]睡眠覚醒歩行呼吸などのパターン的な運動や注意報酬などの情動認知機能にも関与する。その投射は脳全体にわたっている。生化学的にはセロトニンを含む細胞が存在するのが大きな特徴である。

Dopamine and serotonin
ヒト脳におけるドーパミン(青)並びにセロトニン(赤)神経の分布

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ 脳科学辞典 縫線核

外部リンク編集