(せん)は、10-7(1000万分の1)であることを示す漢字文化圏における単位である。の1/10、の10倍に当たる。国際単位系では0.1マイクロまたは100ナノに相当する。

北宋のものと言われる謝察微の『算経』に小数の名として見え、その後の算術書にも記されてはいるが、現実に使われることはほとんどない。

なお、繊という字には、「しなやか」「糸筋」「たおやか」などの意味があるほか、一字で繊維を指すこともある。

『暦象考成』などの西洋の時法や1周360度の概念の伝来以降の中国・日本の古文献では、時間・角度の「」の60分の1に相当する単位(英語のthirdに相当)に「微」を割り当て、その更に60分の1に相当する単位(英語のfourthに相当)に「繊」を割り当てたこともあった。

関連項目編集