メインメニューを開く

織田 信実(おだ のぶざね)は、戦国時代武将織田氏の家臣。通称は四郎次郎。

 
織田信実
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:四郎次郎
主君 織田信秀
氏族 織田弾正忠家(勝幡織田氏)
父母 父:織田信定
兄弟 信秀信康信正信光信実信次松平信定正室、長栄寺殿、おつやの方秋悦院
養子:信昌
テンプレートを表示

生涯編集

尾張国の織田弾正忠家の当主・織田信定の四男として誕生。

天文11年(1542年8月10日小豆坂の戦いに、兄・信秀に従軍し活躍した(『信長公記』による)。

養子に迎えた信昌織田信光の子)が第三次長島攻めで戦死している。孫娘(津田長義の娘)は福島正則に嫁し、孫の多くが福島家臣になっている(『津田系譜』)。