織田信良

安土桃山時代から江戸時代前期の大名。上野小幡藩初代藩主

織田 信良(おだ のぶよし)は、江戸時代前期の大名上野国小幡藩初代藩主。官位従四位上左少将織田信長からは孫、北畠晴具からは曾孫にあたる。

 
織田信良
時代 江戸時代前期
生誕 天正12年(1584年
死没 寛永3年5月17日1626年7月10日
改名 勝法師(幼名)→信良
別名 因幡守、兵部少輔
戒名 心芳院殿松岩浄青大居士
墓所 群馬県甘楽郡甘楽町小幡崇福寺
官位 従五位上侍従従四位上左少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
上野小幡藩
氏族 織田氏(信良流)
父母 父:織田信雄、母:木造具政
兄弟 秀雄小姫重雄、於加爾、高雄佐々一義室、信良高長信為良雄長雄、玉雄院、生駒政勝室、生駒直勝
正室:下津俸庵
松孝院、光浄院、天量院、信昌ら2男3女
テンプレートを表示

生涯編集

天正12年(1584年)、織田信雄の四男として伊勢国にて誕生。生母は木造具政の娘(信良の出生時に信雄の正室・雪姫は存命しているため、生母は元は側室であったものの、雪姫の死後に継室扱いされたのであろう)。

一説には信雄の改易後、一時的に細川忠興の許に身を寄せたという。元和2年(1616年)10月、従五位上侍従に叙任される。元和3年(1617年)以降、信雄から上野甘楽郡などで2万石を分け与えられたと考えられる。始めは甘楽郡福島村に陣屋を構え、後に小幡村に移転し、城下町や灌漑用水設備の整備など、藩政の基礎固めに努めた。事実上、信雄は隠居したものと思われる。秀雄高雄らの兄は既に死去していたようである。なお、信雄は大和国宇陀郡などで3万1200石を領有し、京都で暮らした。後にこの隠居料をめぐり、信良の息子の信昌と弟の高長の間で相続争いが起きた。

元和8年(1622年)1月5日、茶会を催し、佐竹義宣らを招く。元和9年(1623年)5月、秀忠に従って上洛する。

元和9年(1623年)12月、従四位上左少将に昇進する。なお、同年11月7日、信良の長女の松孝院が2代将軍・徳川秀忠の三男の忠長と結婚している。官位の高さは、織田家の嫡流であること、徳川将軍家の外戚であることなどによると考えられる。その後、小幡藩織田家は明和事件に巻き込まれるまで、国主格の待遇を受けた。

元和10年(1624年)1月2日、伊達政宗毛利秀元らと共に江戸城西丸の徳川家光の許に出仕する。同月、秀忠の朝廷に対する使者として上洛する。寛永3年(1626年)5月17日、父に先立って43歳で死去し、家督は次男の信昌が継いだ。墓所は小幡の宝積寺、後に崇福寺に改葬された。

系譜編集

子女は2男3女。