メインメニューを開く

織田 完之(おだ かんし、天保13年9月18日1842年10月21日) - 大正12年(1923年1月18日)は、日本農政家、歴史学者、著述家。

おだ かんし
織田 完之
生誕 天保13年9月18日1842年10月21日
三河国額田郡高須村(現・愛知県岡崎市福岡町居屋敷)
死没 (1923-01-18) 1923年1月18日(80歳没)
東京府
国籍 日本の旗 日本
職業 農政家、歴史学者、著述家
著名な実績 印旛沼干拓

明治期の印旛沼干拓に尽力した。佐藤信淵の著作の編纂者、平将門の研究者としても名高い。著書の総計は、刊行書が180冊、未完書が56冊に達する。

目次

経歴編集

三河国額田郡高須村(現・愛知県岡崎市福岡町居屋敷)に生まれる[1]。織田良右衛門の第5子。2歳の時父と別れ、続いて母を失った。そのため母の実家の岩瀬家に引き取られる。華岡青州の門下である長男敬介とその子敬斎より医学を学んだ。13歳の頃、上地村の早川文啓に漢学の素読や医学を学んだ。さらに曽我耐軒に2年間、その後沓掛村(現・豊明市)の伊藤両村に寄留して勉学した[2]

18歳の時、名古屋の松本奎堂に入門、塾長となる。21歳で郷里に戻り中之郷村で医業を開くが、文久3年(1863年)の天誅組の変で松本が戦死すると江戸に出た。武田耕雲斎の筑波挙兵を聞き、ただちに筑波へかけつけ戦いを視察、その状況を『常野兵談』4冊にまとめた。さらに蛤御門の変四国艦隊下関砲撃事件などに際会し、京都に上り勤王攘夷派の志士と往来する。長州の同志に京都の状況を知らせようとして出立したが、岩国で幕府方のスパイと見誤られ、慶応3年(1867年)6月から岩国藩吉川家に入牢となる。

明治2年(1869年)2月、品川弥二郎の尽力で釈放。明治新政府の弾正小巡察に任ぜられた。まもなく若松県(現・福島県)の権小属となる。この時利根川を渡り、関東の風土に接したことがその後の農政に関心を抱く動機になったと言われている。

1871年(明治4年)、大蔵省記録寮に出仕。1874年(明治7年)、内務省勧業寮に異動。内藤新宿農務試験場などに勤務した。同年、大久保利通松方正義の知遇を得て『農政垂統紀』を著した。

1881年(明治14年)、農商務省の設置に伴い同省農務局に転じ、内外農書の蒐集にあたった。『大日本農史』全6巻、『大日本農政類編』などの編集に従事し自らも『本朝農事参考書解題』全5巻を著した。

印旛沼開削計画編集

日本の治水・水利等の農政資料の整理を通じ、江戸期における印旛沼開削工事計画の存在を知る。『印旛沼開削沿革誌』(1884年)や『印旛沼経緯記』(1893年)などを著すとともに、その実行に移った。

印旛沼は、旧幕臣の平山省斎と彼が官長をつとめいた神道大成教の資金をバックに1884年(明治17年)よりその干拓計画が始められた。天竜川治水事業に貢献した金原明善と織田がそこに加わり、1888年(明治21年)4月、千葉県の許可が得られる。同年5月、大明会という発起人会が東京で設立される。発起人13人のうちには金原や岩崎弥太郎渋沢栄一伊藤博文三島通庸などが名を連ねた。織田が中心となり本格的な開削計画の立案が開始されるが、オランダ人技師ヨハニス・デ・レーケの測量報告書や土木局の調査は織田の意図したものと大きな齟齬があり、1893年(明治26年)頃、計画は行きづまり中止された[3]

なお、本格的な干拓工事が始まったのは1946年(昭和21年)のことであり、1969年(昭和44年)に現在の印旛放水路が完成している。

佐藤信淵の研究編集

干拓計画は挫折するも、その後は江戸時代後期の農政学者佐藤信淵の研究に長く力を尽くすこととなった。信淵の著作25冊の校訂刊行を実施し、その遺稿を大集して1906年(明治39年)に『佐藤信淵家学大要』を刊行した。この研究はやがて滝本誠一の『佐藤信淵家学全集』(岩波書店)編纂や、秋田の信淵研究会の結成、信淵文庫の開設(1941年)となってさらに発展し開花した。

織田が印旛沼開削の必要を痛感したのは、信淵の『内洋経緯度記』に刺激されたためと言われている[4]

平将門の研究編集

平将門研究にも造詣が深く、『国宝将門記伝』(1905年)や『平将門故蹟考』(1907年)をはじめ未刊を含めて9冊の著作がある。明治時代後期からようやく始まった将門の復権に、織田の著作が果たした功績は少なくない[3]

1923年(大正12年)1月18日、東京で死去。東京都台東区谷中天王寺に墓碑がある。また、岡崎市福岡町の高須神社にある石碑「鷹洲先生寿碑」の題字は渋沢栄一によるものである[5]

2007年(平成19年)7月3日、故郷の高須神社境内に織田完之史料室が完成した[1]

脚注編集

参考文献編集

  • 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日。
  • 『岡崎の人物史』岡崎の人物史編集委員会、1979年1月5日。
  • 栗原東洋『織田完之伝』印旛沼開発史刊行会、1973年2月1日。

関連項目編集