メインメニューを開く

罫線[1](けいせん,: rule)とは,複数の項目を二次的に区切るのに用いる[2]線状の組版材料である[3]

例えば横書きでは、最も多いのは一定間隔毎に横に引かれた線である。これは普通一行分の幅毎に引かれる[要出典]

罫線の種類編集

罫線には罫線属性[2]と呼ばれる太さや形状に由来する種別があり, 各々が様々な目的で用いられる。

主な罫線を次に示す。

罫線
名称 名称の由来 図例 使用箇所の例 太さ
表罫おもてけい[4] 活字の金属板を薄く削った[5]
  • 主要項目中の各欄の囲い[4]
  • 同一の表及び付表が複数部に跨る場合の最下段[6]
  • 本文と文書作成者表示との間の区切り[7]
太さ0.1 mm[4]
中細罫ちゅうぼそけい[4]
主要項目の区分及び帳票の外枠 0.2 mm[8]から0.25 mm[1]程度
裏罫うらけい[4] 活字の金属板を薄く削った[9]
0.45 mm[4]
星罫[10]・リーダー罫[8]
  • 一つの枠中での複数行の区切り[4]
  • 桁の位線[8]
  • 欄外への記入[4]
四分罫 4分の1の大きさ[10]
(原則用いない[4] [8] 0.9 mm[10]
二分罫 五号の2分の1の大きさ[10]
1.8 mm[10]
子持ち罫[4]
破線罫・ミシン罫[11]
  • 横方向の罫線を横罫、縦方向の罫線を縦罫と呼ぶ。

コンピュータにおける使用方法編集

テキストファイルにおいては罫線素片を使用する。

HTMLで使用する場合はtableタグを利用する。横罫のみの場合にはhrタグを利用する。

多くのワープロソフトにおいては罫線を引いたり、罫線のついた表を作成する機能が標準で付属している[要追加記述]

その他編集

元来、目のように卦けることから罫と呼ばれる[要出典]「目」と言って完全に誤りではないが、網かんむりは網ね意味である。 「掛ける」を「卦ける」とは書かない[独自研究?]

将棋囲碁で使用される盤にある線を罫と呼ぶ[要出典]

折り紙においては山折を一点鎖線または二点鎖線で、谷折を破線で表記することが多い。また、波線点線を使用して切り取り線とすることが多い[疑問点]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b JISZ8125 2004, p. 23.
  2. ^ a b JISX4051 2004, p. 5.
  3. ^ JFPI, 罫線.
  4. ^ a b c d e f g h i j JISX8303 2008, pp. 5-6.
  5. ^ JFPI, 表罫.
  6. ^ ATLA 2015, p. 2.
  7. ^ ATLA 2015, p. 3.
  8. ^ a b c d 秋草 1973, p. 229.
  9. ^ JFPI, 裏罫.
  10. ^ a b c d e 日向市 1965.
  11. ^ JFPI, 破線罫及びミシン罫.

参考文献編集

  • 秋草 直之「情報システム設計 (PDF) 」 『情報管理』第16巻第3号、1973年6月1日、 221-231頁、 doi:10.1241/johokanri.16.2212019年9月13日閲覧。
  • 印刷用語集”. 日本印刷産業連合会. 2019年9月13日閲覧。
    • 罫線”. 印刷用語集. 日本印刷産業連合会. 2019年9月13日閲覧。
    • ミシン罫”. 印刷用語集. 日本印刷産業連合会. 2019年9月13日閲覧。
    • 破線罫”. 印刷用語集. 日本印刷産業連合会. 2019年9月13日閲覧。
実定法規
標準・規格

関連項目編集