羊 徽瑜(よう きゆ、214年 - 278年)は、司馬師の妻。は献。本貫泰山郡南城県。父は上党太守の羊衜、母は蔡氏(蔡邕の娘)。同母弟は羊祜恵帝の皇后、のち前趙の皇帝劉曜の皇后となる羊献容と同族である。

晋書』の伝はごく短く、それによれば、聡明で才知に富んだ女性であったという。司馬師の3度目の夫人となるが、子はなかった。甥の司馬炎が即位すると、弘訓宮に住まい弘訓太后と号した。咸寧4年(278年)に65歳で崩御。景献皇后され、司馬師の峻平陵に合葬された。