メインメニューを開く

美しが丘西

神奈川県横浜市青葉区の町名

美しが丘西(うつくしがおかにし)は、神奈川県横浜市青葉区の地名。現行行政地名は美しが丘西一丁目から美しが丘西三丁目。住居表示未実施区域。郵便番号は225-0001[3]

美しが丘西
美しが丘西1丁目付近の住宅街の風景(2009年12月)
美しが丘西1丁目付近の住宅街の風景(2009年12月)
美しが丘西の位置(横浜市内)
美しが丘西
美しが丘西
美しが丘西の位置
美しが丘西の位置(神奈川県内)
美しが丘西
美しが丘西
美しが丘西の位置
北緯35度35分11.92秒 東経139度31分50.02秒 / 北緯35.5866444度 東経139.5305611度 / 35.5866444; 139.5305611
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
青葉区
面積
 • 合計 1.183km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 11,547人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
225-0001[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜
保木公園前交差点(2006年9月)

概要編集

横浜市青葉区東部に位置する、横浜市最北端の町である。元は緑区元石川町の一部であり、1989年平成元年)に同町から分離して新設された。1994年(平成6年)に緑区と港北区の再編が行われ、当区域は新設された青葉区の所属となった。

地域内は全域が東急によって開発された多摩田園都市であり、全域が住宅街となっている。三丁目に美しが丘西地区センター、横浜美しが丘西郵便局、保木公園、食品館あおば美しが丘店、成城石井美しが丘店がある。

東は美しが丘元石川町、西は川崎市麻生区王禅寺、南は荏子田すすき野、北は川崎市宮前区水沢潮見台と接している。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、美しが丘西3丁目37番13の地点で20万円/m2となっている。[5]

沿革編集

  • 1989年平成元年)11月5日 - 緑区元石川町の一部より美しが丘西一丁目-三丁目を新設。横浜市緑区美しが丘西一丁目-三丁目となる。
  • 1994年(平成6年)11月6日 - 港北区と緑区を再編し、青葉区と都筑区を新設。横浜市青葉区美しが丘西一丁目-三丁目となる。

地名の由来編集

美しが丘の西に位置することから「美しが丘西」とした。

町名の変遷編集

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
美しが丘西一丁目 平成元年11月5日 元石川町
美しが丘西二丁目
美しが丘西三丁目

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
美しが丘西一丁目 767世帯 2,214人
美しが丘西二丁目 1,554世帯 4,424人
美しが丘西三丁目 1,864世帯 4,909人
4,185世帯 11,547人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
美しが丘西一丁目 全域 横浜市立美しが丘西小学校 横浜市立山内中学校
美しが丘西二丁目 全域
美しが丘西三丁目 1〜11番地
43番地
45〜54番地
57〜59番地
61〜65番地
その他 横浜市立すすき野小学校 横浜市立すすき野中学校

河川編集

施設編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。