メインメニューを開く
三菱美唄炭鉱立坑巻き揚げ櫓(現・炭鉱メモリアル森林公園)

美唄炭鉱(びばいたんこう)は、北海道美唄市周辺に存在した炭鉱群の総称。新美唄炭鉱、沼貝炭鉱、錦旗炭鉱などの中小炭鉱も多く存在していたが、大きく美唄市常盤台地区に存在した三菱鉱業三菱美唄炭鉱、美唄市南美唄地区に存在した三井鉱山三井美唄炭鉱に大別される。露天掘炭鉱として再開し稼動中である。

三菱美唄炭鉱編集

1913年、独立系の飯田炭鉱として開発が進められたが、1915年に三菱が買収して三菱美唄炭鉱となる。その後、三菱鉱業美唄鉄道線を開通させ生産量を伸ばし、大夕張と並ぶ三菱の主力鉱山として名を馳せた。最盛期の1944年には年間180万トンもの生産量を誇った。1973年に閉山。

かつて都市としての規模を誇った常盤台地区は、閉山と共に多くの住民が去った。現在は公園として整備されているが、ほぼ無人地帯となっている。

三井美唄炭鉱編集

1918年採掘開始、美唄駅から専用鉄道(のちの函館本線南美唄支線)を敷設し石炭輸送を行っている。1963年閉山。規模は大きかったものの同じ市内に位置した三菱美唄炭鉱と比べて採炭量は劣り、石炭産業の集約化を進める中で行われたスクラップアンドビルド(ビルド鉱)の対象にはなり得ず、早期に閉山を余儀なくされた。

三菱の常盤台よりも市街地に近い(国道12号の近隣)ことから、多くの炭鉱住宅などの施設が残る。

2008年石油、輸入石炭の価格が高騰、それにより国内産石炭の競争力が向上したとして三井鉱山は新たに露天掘りの鉱区を開発する方針を固めた。採掘した石炭は主に火力発電の燃料として電力会社に販売する計画だという。

北菱産業埠頭美唄炭鉱編集

三菱マテリアルの子会社である北菱産業埠頭(石炭部門)が、美唄市盤の沢地区で運営する炭鉱。年現在も稼働中。露天掘りにより年3万トン程度を生産していたが、2007年には原油価格の上昇により、北海道電力製紙会社向けの引き合いが増加。年産9万トン程度の生産量が見込まれている。

関連項目編集

外部リンク編集