メインメニューを開く

歌舞伎十八番 鳴神 美女と怪龍』(かぶきじゅうはちばん なるがみ びじょとかいりゅう)は、1955年(昭和30年)10月3日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は吉村公三郎モノクロスタンダード、100分。

歌舞伎十八番 鳴神 美女と怪龍
監督 吉村公三郎
脚本 新藤兼人
製作 絲屋寿雄
山田典吾
大森康正
出演者 河原崎長十郎
東千代之介
乙羽信子
音楽 伊福部昭
撮影 宮島義勇
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗1955年10月3日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

歌舞伎十八番の一つ『鳴神』を映画化した作品。前進座創立25周年を記念して製作され[1]河原崎長十郎を始めとする前進座の俳優が総出演した。第29回キネマ旬報ベスト・テン第10位。

スタッフ編集

キャスト編集

その他編集

時代劇ながら、アイスキャンディーが登場したり、ヒロインらがマンボを踊るなど娯楽性の高い作品となっている[2]

脚注編集

  1. ^ 美女と怪龍 - allcinema、2015年3月7日閲覧
  2. ^ 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、58頁。ISBN 4766927060 

外部リンク編集