メインメニューを開く

美女木

日本 > 埼玉県 > 戸田市 > 美女木

美女木(びじょぎ)は、埼玉県戸田市の地名。現行行政地名は美女木一丁目から美女木八丁目及び大字美女木。郵便番号は335-0031(蕨郵便局管区)[2]

美女木
—  町丁大字  —
荒川土手から美女木ジャンクションを望む
美女木の位置(埼玉県内)
美女木
美女木
美女木の位置
座標: 北緯35度49分40.9秒 東経139度38分22.2秒 / 北緯35.828028度 東経139.639500度 / 35.828028; 139.639500
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Toda, Saitama.svg 戸田市
地区 美女木地区
人口 (2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 - 計 11,646人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 335-0031[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

目次

地理編集

戸田市北西部に位置する。荒川東側の低地にあたる。北でさいたま市南区内谷、北東でさいたま市南区白幡、東で美女木東、南で笹目、南西で下笹目和光市下新倉新倉、西で戸田市内谷と接する。この西辺の戸田市内谷との境界付近の彩湖周辺で複雑な境界を持つ飛地群が形成されている。

美女木としては幸魂大橋東詰に内谷に囲まれた二つの飛地と、荒川と彩湖に囲まれた部分に北から南東にかけて内谷、南で和光市新倉、西で朝霞市下内間木と隣接する飛地を持つ。

河川・湖沼編集

地価編集

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日公示地価によれば美女木1丁目28番11の地点で17万6000円/m2となっている[4]

歴史編集

地名の由来編集

美女木は、中世は足立郡の笹目郷に属しており、正応6年(1293年)以降、笹目郷は鶴岡八幡宮に寄進された土地で、条里制や鶴岡八幡宮の造営・修復にかかわる地名が小字などに多く残っており、美女木は、流鏑馬による「飛射騎(びしゃき)」の呼称が年とともに変化した呼称である[5]とする説がある。また、江戸時代に編纂された『新編武蔵風土記稿』の美女木村の項には、「もと上笹目と云いしが、古へ京師より故ありて美麗の官女数人、当所に来り居りしことあり、其頃近村のもの当村をさして美女来とのみ呼しにより、いつとなく村名の如くなりゆきて」と記されており、旧名が上笹目であり、昔、京都から訳あって、美しい官女数人がこの地に来たことがあり、近くの村の人が当村を「美女来」と呼んだことが村名の由来とする説を「いとおぼつかなき説なれども」と記し、疑問を呈しながらも紹介している。また、「ビジョ」は、泥濘(ぬかるみ)を意味し、低湿地を指していることが地名の由来とする説もある。

沿革編集

  • 1965年(昭和40年) - 笹目・美女木地区で西部区画整理事業が開始。
  • 1983年(昭和58年)11月30日 - 戸田市大字美女木の大部分と大字下笹目の一部から美女木一丁目~八丁目が成立。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目大字 世帯数 人口
美女木一丁目 1,355世帯 2,795人
美女木二丁目 995世帯 2,348人
美女木三丁目 253世帯 553人
美女木四丁目 341世帯 650人
美女木五丁目 234世帯 605人
美女木六丁目 247世帯 594人
美女木七丁目 462世帯 1,011人
美女木八丁目 458世帯 1,046人
美女木 750世帯 2,044人
5,095世帯 11,646人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目・大字 番地 小学校 中学校
美女木一丁目 全域 戸田市立美谷本小学校 戸田市立美笹中学校
美女木二丁目 全域 戸田市立美女木小学校
美女木三丁目 全域 戸田市立笹目中学校
美女木四丁目 全域
美女木五丁目 全域 戸田市立美谷本小学校 戸田市立美笹中学校
美女木六丁目 全域
美女木七丁目 全域
美女木八丁目 全域
美女木 全域 戸田市立美女木小学校 戸田市立笹目中学校

交通編集

施設編集

参考文献編集

  • 『角川日本地名大辞典 11』 角川日本地名大辞典編纂委員会/編 角川書店 1980年7月

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 最新の人口について”. 戸田市 (2017年10月2日). 2017年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 岩井 茂 著『さいたま地名考』p46-47 さきたま出版会
  6. ^ 小・中学校通学区域一覧”. 戸田市 (2014年8月28日). 2017年10月25日閲覧。

関連項目編集