メインメニューを開く

美濃区(メイノン/びのう/みのう-く)は、台湾高雄市に位置する市轄区

中華民国 高雄市 美濃区
別称: 美壠社・瀰濃
2012 美濃中正湖 Meinong Zhongzheng Lake.jpg
地理
Meinong KH.svg
位置 北緯22°53'
東経120°32'
面積: 120.0316 km²
各種表記
繁体字: 美濃
日本語読み: みのう
漢語: Měinóng
通用: Měinóng
注音符号: ㄇㄟˇㄋㄨㄥˊ
片仮名転写: メイノン
台湾語: Bi-long
客家語: Mî-nùng
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 高雄市
下位行政区画: 19里382鄰
政府所在地: -
美濃区長: 謝鶴琳
公式サイト: 美濃区公所
情報
総人口: 41,167 人(2015年1月)
世帯数: 14,502 戸(2015年1月)
郵便番号: 843
市外局番: 07
美濃区の木: -
美濃区の花: -
美濃区の鳥: -

地理編集

美濃区は高雄市中部の丘陵地帯に位置し、県東端の濃渓の源流地であり、濃渓とその支流である美濃渓が区内を貫いている。熱帯気候区に位置するため高温多湿であり、年間平均気温は23℃、年間降水量は1,500から2,000mmに達し、丘陵及び山河口では2,000mm以上となっている。年間最低気温は21.6℃、最高気温は28.4℃となっている。

歴史編集

1736年(乾隆元年)、広東省嘉応州出身の林豊山と弟の林桂山ら40数家族が移住、開墾して村を建設し、瀰濃荘と称した。瀰濃は原住民の民族名である、または、原住民語でサツマイモを指すなどの説があるが、定かでない。

「瀰濃」の音が日本語の美濃に似ていることから、日本統治時代に美濃と変えられた。

高雄県美濃鎮という呼称であったが、2010年12月25日に高雄県が高雄市に編入され、美濃区と改称された。 2016年2月6日に発生し死者117人を出した地震(2016年台湾南部地震)はこの付近を震源とする[1]

近隣の六亀区杉林区と同様に、六堆と称される住民の多くが客家人の地区の中心に当たり、高雄市街地の主要な住民がホーロー人であるのとは異なる。

経済編集

特産品にタバコの葉、マンゴー、手漉き、紙の傘(唐傘[2])などの工芸品がある。どころとしても有名。

鎮内の多くの飲食店は客家料理を売り物として提供している。とりわけ、「粄條」(バンティアオ)といううるち米で作るライスヌードルの一種(太いビーフン)が名物として台湾では著名である。ほかには当地で「野蓮」と呼ばれるタイワンガガブタの炒め物や、トウガンキャベツなどの煮込み料理が名物となっている。

ダム建設反対運動が起きたことで、社会活動家には有名な町となっている。

行政区編集

地区
美濃 福安里、合和里、中圳里、東門里、泰安里、瀰濃里
南隆 禄興里、中壇里、徳興里、清水里、吉洋里、吉和里、吉東里
龍広 龍山里、獅山里、龍肚里、広徳里、興隆里、広林里

歴代区長編集

区分 氏名 着任日/退任日

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
省道 台3線
省道 台28線 旗六公路
市道 市道181号

高雄市街から六亀、宝来温泉方面に向かう高雄客運バスが美濃を経由している。およそ1本おきのバスが高雄との途中で台湾高速鉄道左営駅を経由する。台南鳳山などからは、通常旗山で乗り換えでのアクセスとなる。

観光編集

出身者編集

  • 鍾理和 - 文学者。
  • 交工楽隊 - ダム建設反対運動を背景に、1999年から2003年にかけて活動したバンド。メンバーは地元の林生祥、陳冠宇、鍾成達、郭進財、鍾永豊。
  • 重光孝治(劉壇祥)- 味千ラーメン創業者。

姉妹都市·提携都市編集

脚注編集

  1. ^ 2016年台湾・美濃地震災害調査報告書 (PDF)”. 日本建築学会 (2017年). 2018年6月10日閲覧。
  2. ^ 台湾まるごとガイド”. 台湾観光局. 2019年3月5日閲覧。

関連項目編集