美術文化協会(びじゅつぶんかきょうかい)は、日本前衛芸術家の団体である。

設立編集

1939年 独立美術協会、新造型美術協会、創紀美術協会、新日本洋画協会、ナゴヤアバンガルドクラブ、二科九室会などのシュルレアリスムを志向する前衛作家が集結し、銀座アラスカにて発会式が行われた。

 趣旨(美術文化機関誌1号より)  本会は美術人の美的行動を、明日の我々の文化の線に沿うて、積極的に遂行しようとするもので、芸術上の成果は毎年定期的に開催する展覧会によって世に問うものである・・・・・その展覧会は、同人(会員と同意)の作品を陳列する他、公募制により、新人の作品をも受容れる予定で、審査はしばらくの間美術批評界の権威者数名、及び協会から福沢一郎が参加してこれを行い、公正妥当を期します。  

創立同人 41名編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 瀧口修造夫人、画家・版画家

外部リンク編集