メインメニューを開く
画像提供依頼
  1. 国立病院前あるいは海上自衛隊呉集会所前交差点から通りを撮影したもの。
  2. 通りメインで呉市立美術館を撮影したもの。
  3. 国立病院前交差点から病院への階段を撮影したもの。
画像提供をお願いします。2017年1月

美術館通り(びじゅつかんどおり)は、広島県呉市にある約200mの通り。起点側である呉市中心部側(国道487号)から終点側である国立病院機構呉医療センターへの一方通行

市道
呉市道幸町3号線
美術館通り
地図
総延長 216.5m
西端 呉市幸町1番地の1
東端 呉市青山町10番地の1
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0487.svg国道487号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
呉基地側からみた美術館通り

目次

概要編集

映像外部リンク
  「自然と美術の調和 美しき道のあるお宝!の巻」(美術館通りと呉市立美術館) - 中国放送

1981年(昭和56年)整備、名称は1987年(昭和62年)公募で決定[1]。法令上の路線名は、呉市道幸町3号線である[2]。 呉市幸町入船山公園内の呉市立美術館の南側を通るゆるやかな坂道で、美術館開館にあたり整備され美術館外観と合わせた歩道敷や屋外美術が点在する並木道である[1]

太平洋戦争以前は、呉市市街地と海軍工廠、海軍病院などの旧日本海軍の施設を結ぶ道路であったが、呉市は、1980年(昭和55年)から入船山公園周辺の文化ゾーンの付加価値を高めるため、美術館の建設と美術館前の通りの改築整備に取り組み、芸術性のある散策路に生まれ変わった[2]。このとき、歩道にレンガ調のタイルやブロックを敷き詰め、タウンスクエアから美術館、入船山記念館にかけての約200m区間に、15体の彫刻が並べられた[2]。この通りの愛称を募集したところ、1982年(昭和62年)4月に「美術館通り」に決まった[2]

軍港として栄えた呉市の歴史的建造物と芸術の香り漂う景観の調和が高く評価され、1987年(昭和62年)8月10日の道の日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された、「日本の道100選」に選ばれており[3]建設省(現・国土交通省)手づくり郷土賞を受賞している[1]

呉市中心部からみて東側の休山峰に存在し、周囲は呉鎮守府呉海軍工廠ゆかりの遺構が存在し海上自衛隊呉基地関連施設がある。

路線データ編集

  • 路線名 : 呉市道幸町3号線 [4]
  • 起点 : 呉市幸町1番地地先[4]
  • 終点 : 呉市青山町10番地地先[4]
  • 延長 : 210m [5] (幸町3号線216.5m[4]の一部 )
  • 幅員 : 18.5m [5](最大27.5m、最小16m[4]

歴史編集

呉は近世までは散村で、1890年(明治23年)呉鎮開府以降に発展した都市である[5][6]。元々この地は古代から亀山神社が鎮座していたが、呉鎮開府時に接収され司令長官官舎およびその関連施設群(現入船山記念館)が整備された[7]

この道は中世から近世にかけてここに存在していたかは不明で、近代以降は海軍敷地内にあった道で呉市中心部から呉鎮・呉工廠や呉海軍病院(現国立病院機構呉医療センター)を結ぶ道であった[5]。ただし、戦前の都市計画図などの民間の地図ではこれらの施設は記載されていないため、現存する地図ではこの道の存在を確認することができない。呉軍港空襲での被害状況は不明。

1924年呉市作成の都市計画区域図。右側に広島湾要塞司令部と呉鎮守府の検閲済みと記載されている。
1945年第一復員省作成の戦災概況図
戦前の呉市地図。海沿いの呉鎮および呉工廠の道路は記載されていない。


終戦後、旧海軍施設はイギリス連邦占領軍[6]が接収し、のち大蔵省(現財務省)に移管、つまり国有地[8]であった。1966年(昭和41年)この道を含め公園敷地は呉市に無償貸与され[8]、市はこの地を史跡として指定して古名をとって「入船山公園」と名付け[9]、以降呉市が管理していた。さらに、国から譲与を受けた旧指令長官官舎については国から重要文化財として指定を受け、史料館、文書館を増設しながら郷土史料を収集保存・展示し[9]、この翌年である1967年(昭和42年)に入船山記念館として開館している[6]。そして呉市制施行80周年記念事業の一環として呉市立美術館整備が決定され、その前の通りとして同様に1981年(昭和56年)再整備された[1]。2010年(平成22年)旧軍港市転換法に基づき、この道を含めた公園一体は呉市に無償贈与された[8]

1947年米軍作成の空中写真。当時はイギリス連邦占領軍所管。
戦後の入船山公園周辺。


路線状況編集

呉市立美術館前を彩る通りであり、歩道は美術館外観と同色のレンガタイルやレンガブロックが敷き詰められている[5]。また屋外芸術が点在し「芸術の散歩道」の景観を呈する [1][5]。以下、沿道の美術作品を列挙する。

沿道の松並木は戦前から植えられたもので[5]、樹齢は400年を超える[2]

地理編集

交差する道路編集

交差する道路 交差する場所 備考
国道487号 幸町1番地の1 海上自衛隊呉集会所前
呉市道幸町1号線 青山町10番地の1 国立病院前

周辺編集

  • 入船山公園
    • 呉市立美術館
    • 入船山記念館
    • 入船山公園多目的広場
  • 海上自衛隊呉基地
  • 国立病院機構呉医療センター

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 美術館通り”. くれナビ. 2015年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「日本の道100選」研究会 2002, p. 167.
  3. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 10.
  4. ^ a b c d e 呉地理情報マップ”. 呉市. 2015年9月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g ふれあいの並木道「美術館通り」”. 国土交通省中国地方整備局. 2015年9月21日閲覧。
  6. ^ a b c 呉市の歴史”. 呉市. 2015年9月21日閲覧。
  7. ^ 由緒”. 亀山神社. 2015年9月21日閲覧。
  8. ^ a b c 入船山公園など呉市に譲与”. 中国新聞 (2010年6月7日). 2015年10月10日閲覧。
  9. ^ a b 「日本の道100選」研究会 2002, p. 166.

参考文献編集

  • 「日本の道100選」研究会『日本の道100選〈新版〉』国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい、2002年6月20日。ISBN 4-324-06810-0

関連項目編集