メインメニューを開く

群馬クレインサンダーズ

群馬クレインサンダーズ(ぐんまクレインサンダーズ、Gunma CraneThunders)は、B.LEAGUEに参加しているプロバスケットボールチーム。運営は「株式会社群馬プロバスケットボールコミッション」が行なう。

群馬クレインサンダーズ
Gunma CraneThunders
所属リーグ 日本の旗 B.LEAGUE
カンファレンス B2 中地区
創設年 2011年
本拠地 群馬県
アリーナ Maebashi Citizen gymnasium 2016-10.jpg
ヤマト市民体育館前橋
チームカラー      黄・     紺・     白・    
運営法人 群馬プロバスケットボールコミッション
代表者 宇留賀邦明
ヘッドコーチ 平岡富士貴
ユニフォーム
Kit body Gunma CraneThunders 18-19 HOME.png
ホームのジャージ
Kit shorts Gunma CraneThunders 18-19 HOME.png
チームカラー
ホーム
Kit body Gunma CraneThunders 18-19 AWAY.png
アウェイのジャージ
Kit shorts Gunma CraneThunders 18-19 AWAY.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

目次

概要編集

チーム名は2011年8月1日 - 9月11日に一般公募を行い、406通の応募の中から群馬プロバスケットボールコミッションによって決定され、9月22日に発表された。クレインは「鶴」、サンダーは「雷」を意味しており、群馬県の形状が空を舞う鶴に似ていること、群馬県が夏場に雷が多い場所であり、「エネルギッシュ」「スピード」をイメージさせるというのが命名理由。

チームカラーは黄・紺・赤・白。

公式マスコットは鶴をモチーフにした「さんだくん」で2012年5月に登場した[1]

公式チアリーディングチームは「クレイサーズ」(CRATHERS)。

ユニフォームスポンサー編集

  • サプライヤー:hummel[2]
  • 前面:OMG(左肩)、NEXUS(中央)
  • 背面:スナガ(背番号上部)、上毛新聞社(選手名下)
  • パンツ:ヤマト(右前上)、アーネクト(左前上)、国定電機(左前下)、スポレッシュ(左後ろ上)、築地銀だこ(左後ろ下)、レイサーチ(右後ろ上)、GSPRTS(右後ろ下)

歴史編集

bjリーグ編集

2012-13シーズン編集

初年度はプレシーズンゲーム初戦、新潟アルビレックスBBに敗北したものの2戦目の東京サンレーヴスに勝利、これがチームとしての初勝利となった。シーズン開幕後は連敗を喫し、8戦が終了した時点で0勝8敗、このうち100点ゲームが4戦という状況であった。10月29日に林正HCおよび森田庸介ACが解任され、後任HCとして前大阪HCのライアン・ブラックウェルが就任した。その後、連敗は12まで伸びたが、11月14日に東久留米スポーツセンターで行われた東京戦で漸くリーグ戦初勝利をあげた。3月30、31日には東地区首位の新潟に連勝した。最終順位は東地区最下位。

2013-14シーズン編集

グリーンドーム前橋で行われた開幕戦で埼玉ブロンコスに勝利してシーズンがスタートしたが、その後10連敗、5連敗と大型連敗を喫するなど12月14日時点で3勝16敗と低迷。12月15日付でブラックウェルを解任し、その日より藤田弘輝ACがHC代行として指揮を執っている[3]。外国籍選手も開幕時に在籍していた4名全員を次々に入れ替えて新戦力を補強したが、記録した連勝は3月7日・8日のアウェイ・バンビシャス奈良戦の2連勝1度だけで、プレイオフ争いに加わることはできずイースタン10位でシーズンを終えた。

2014-15シーズン編集

神田悠輝がゼネラルマネージャーに就任。新ヘッドコーチに前テキサス・レジェンズHCで、NBAダラス・マーベリックスなどでアシスタントコーチの経験もある チャーリー・パーカー英語版)が就任。選手も大量に入れ替えをし、NBAで375試合出場経験のあるメルヴィン・イーライらを補強した。

しかし、今シーズンも開幕から9連敗を喫するなど序盤から下位で低迷。中盤より盛り返し、終盤は福島や信州などとプレイオフ圏内を争う。最終節は9位で迎えたが、最終戦で勝利してイースタン8位に浮上し、プレイオフ初出場が決定。プレイオフ・ファーストラウンドでは1位の秋田と対戦し、2連敗で敗退した。

2015-16シーズン編集

前年度、アシスタントコーチであった根間洋一がヘッドコーチに就任。元新潟のトーマス・ケネディパトリック・サリバン藤原隆充根東裕隆らを補強。開幕3連勝を飾るなどスタートダッシュを見せたが、その後チームは低迷。過去最高成績の22勝、過去最高勝率を挙げるも、東地区9位となり、2年連続のプレイオフ進出はならなかった。

B.LEAGUE編集

2016-17シーズン(B2東地区)編集

Bリーグ開幕となった初年度、当初1部リーグ参入を目指していたが、リーグ割り振りにてB2東地区でのスタートとなった。ヘッドコーチには新潟アルビレックスBBサイバーダイン茨城ロボッツで指揮を執った平岡富士貴を招聘。前年度から多くの選手が残留する中、アブドゥーラ・クウソー梅津大介矢代雪次郎花野文昭を補強。チーム記録の8連勝を飾るなど、好調を維持し、前半を終え、21勝9敗、勝率.700でB2東地区の首位を走る。2017年4月14日、茨城ロボッツ戦に勝利しB2東地区優勝を決める。

成績編集

B.LEAGUE編集

群馬クレインサンダーズ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17 B2  地区1  40 20 (.667) 11(0) 19-9(.679) 21-11(.656) 27-9(.750) 13-11(.542) 4405 4184 221 6  3決 敗退 平岡富士貴 [4]

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  2018年09月19日更新


過去のリーグ戦編集

bjリーグ編集

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2012-13 14 38 .269 22.0(12.0) 75.1 85.2 -10.1 東11位 20位 林正

ライアン・ブラックウェル
新規参入
2013-14 13 39 .250 29.0(14.0) 76.4 82.9 -6.5 東10位 19位 ライアン・ブラックウェル

藤田弘輝(代行)
2014-15 19 33 .365 22.0(-)   東8位 9位 チャーリー・パーカー プレイオフ
地区1回戦出場
2015-16 22 30 .423 17.0(1.0) 76.6 79.8 -3.2 東9位 17位 根間洋一

ゲーム差は()外は1位、()内はプレイオフ圏との差をそれぞれ表している。

スタッフと選手編集

現行ロースター編集

選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
G 0 小淵雅 35 (1983/9/12 ) 1.82 m (6 ft 0 in) 80 kg (176 lb)   専修大学 
F 1 トーマス・ケネディ   31 (1987/5/17 ) 2.01 m (6 ft 7 in) 95 kg (209 lb)   デトロイトメルシー大学 
G/F 8 新川敬大 (+特) 23 (1995/5/3 ) 1.85 m (6 ft 1 in) 87 kg (192 lb)   早稲田大学 
G 11 藤原隆充 40 (1978/7/16 ) 1.84 m (6 ft 0 in) 85 kg (187 lb)   九州産業大学 
SG 14 佐藤文哉 28 (1990/07/04 ) 1.70 m (5 ft 7 in) 73 kg (161 lb)   仙台大学 
G/F 15 栗原奨太 25 (1993/4/12 ) 1.87 m (6 ft 2 in) 75 kg (165 lb)   日本大学 
SG 26 中野広大 24 (1994/5/8 ) 1.82 m (6 ft 0 in) 81 kg (179 lb)   法政大学 
G 51 根東裕隆 36 (1982/6/29 ) 1.84 m (6 ft 0 in) 84 kg (185 lb)   天理大学 
ヘッドコーチ
平岡富士貴

アシスタントコーチ
高原純平
通訳兼アシスタントコーチ
稲垣敦

記号説明
    チーム・キャプテン      故障者
  (特) 特別指定選手    (S) 出場停止
  (帰) 帰化選手   (+) シーズン途中契約
外部リンク

更新日:2018年09月19日


歴代ヘッドコーチ編集

  1. 林正 (2012)
  2. ライアン・ブラックウェル(2012-2013)
    1. 藤田弘輝(2013) - 代行
  3. チャーリー・パーカー英語版)(2014-2015)
  4. 根間洋一(2015-2016)
  5. 平岡富士貴(2016- )

過去の所属選手編集

歴代MC編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公式マスコットキャラクター決定のお知らせ”. 2012年7月14日閲覧。
  2. ^ “【2018-19シーズン ユニフォームサプライヤー &デザイン決定のお知らせ】” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月3日), https://g-crane-thunders.jp/news/detail/id=7078 2018年8月9日閲覧。 
  3. ^ ライアン・ブラックウェルヘッドコーチ契約解除のお知らせ群馬クレインサンダーズ2013年12月16日
  4. ^ STANDING”. levanga.com (2017年4月4日). 2017年4月4日閲覧。

外部リンク編集