メインメニューを開く

群馬中央バス株式会社(ぐんまちゅうおうバス)は、群馬県前橋市高崎市を中心に乗合バス貸切バス旅行業を行うバス会社である。略称は「中央バス」(英略称は「GC」)、主催旅行オレンジツアーと呼称する。群馬県前橋・高崎地域のバスで利用できる群馬県共通バスカードぐんネット加盟事業者。1950年昭和25年)群馬バスより分かれて成立。1980年代より冷房車の導入や大型方向幕の採用など、利便性向上を図っている。

群馬中央バス株式会社
Gunma Chuo Bus Co.,Ltd
Gunchuhonsya.JPG
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 群中・群馬中央
本社所在地 日本の旗 日本
379-2121
群馬県前橋市小屋原町384-1
設立 1950年(昭和25年)9月6日
業種 陸運業
法人番号 7070001000969
事業内容 乗合バス事業・貸切バス事業
代表者 関根福寿
資本金 3,000万円
従業員数 114名(2015年11月1日現在)
主要子会社 群中タクシー株式会社
外部リンク http://www.gunmachuobus.co.jp/
テンプレートを表示
乗合バスの車両
貸切バスの車両

事業所編集

  • 本社:群馬県前橋市小屋原町384-1
  • 前橋営業所(乗合・貸切):群馬県前橋市小屋原町384-1
  • 伊勢崎営業所(乗合):群馬県伊勢崎市曲輪町7-1

会社沿革編集

  • 1950年(昭和25年)9月6日 - 会社設立。当時従業員50名、車両数17両。
  • 199x年 - 高崎営業所を閉所[要出典]
  • 2007年平成19年) - 本社を前橋駅前(群馬県前橋市表町2丁目18-14)から現在地へ移転。
  • 200x年 - 伊勢崎営業所、伊勢崎市連取町1263-1から現在地へ移転[要出典]
  • 2012年(平成24年) - 高崎営業所を開設(高崎市飯塚町)[1]

営業路線編集

※は地域間幹線系統として国の補助を受ける[2]スマーク伊勢崎系統を除き、元日は全線運休する。

前橋営業所所管編集

上記の日赤病院線は令和元年10月1日より新規路線に統合予定。

伊勢崎営業所管轄編集

 
伊勢崎駅前にあったかつての伊勢崎営業所車庫

上記の庁20/南20系統は令和元年9月30日をもって廃止予定。

  • ※高崎駅前 - 玉村 - 県立女子大学
  • 伊勢崎駅前 - 連取 - 上福島 - 玉村町役場 -県立女子大学
    • 高崎駅 - 県立女子大、伊勢崎駅前 - 県立女子大両路線は2007年までは県立女子大学一つ前の玉村町役場止まりであった。2005年までは高崎駅と伊勢崎駅を直通運行していた。高崎 - 伊勢崎間をほぼ直線で結ぶ路線で、1970年代までは利用者も多く日中でも1時間に数本程度運行されていた(両毛線は前橋を経由するため地図上では迂回するようなルートをとることと、1970年代は1時間に1本程度であったためという)。
  • 伊勢崎駅前 - 文化会館 - スマーク伊勢崎
    • 2008年平成20年)11月1日開設。
    • 唯一、元日も運転する。正月三が日にスマーク伊勢崎で乗降する場合に限り、運賃が無料となる。詳細は車内とバス停掲示、スマーク伊勢崎に確認のこと。

受託運行編集

廃止路線編集

 
廃止となった馬見塚経由の本庄駅行(元神奈川中央交通の三菱MP118)

  **令和元年9月30日廃止予定。

車両編集

 
前橋営業所所属車を中心に、車体広告車も多い

2015年11月1日現在の車両数は乗合27両・貸切36両[1]。 近年はノンステップバスの導入も進められているが、乗合車両の大半は三菱ふそう製の中古車両で、京阪バスからの譲受車が最も多い。1990年頃まではバス窓の車両が多く見られ、特にセンターアンダフロアエンジンバスの日野BT100型は同社が使用した最後の事業者だった。また、関東で最後と言われたモノコック車両も2007年春をもって全車廃車となっている。関東では数が少ないエアロスターKは多数が残っている。

乗合車のカラーリングは1980年代に制定されたもので、白地にイエローとグレーの細線が施されている。但し、近年は車体広告車が多いため、オリジナルデザインの車両はほとんど見ることが出来ない。以前は窓上がイエロー、窓下がホワイトの帯が入り、下半分はブルー、裾部分はレッドだったが、1992年平成4年)頃に現行のカラーリングに変更されている。また、1980年代より大型方向幕への改造が行われた。

貸切バスは自社発注車が多く、新車も積極的に導入されている。カラーリングは白地にオレンジ、車体側面中央に大きく「CHUO BUS」のロゴが施されている。2010年平成22年)には韓国製のヒュンダイ・ユニバースも購入した[5]

群馬中央バス事件編集

1957年(昭和31年)、群馬中央バスは草津温泉までのバス開設で運輸大臣に一般乗合旅客自動車運送事業の免許を申請した。同社は第二次大戦後の混乱に乗じて経営権を乗っ取られた群馬バスの創業者岩崎半之助が改めて設立した会社であり、群馬バスとは法的紛争が絶えなかった。群馬バスの社長であった自民党議員の木暮武太夫は、この群馬中央バスの免許申請に対して運輸省東京陸運局長の聴聞、運輸審議会に諮問における公聴会を通じて反対運動を行っていた。そして自らが運輸大臣に任命されると、大臣として1961年(昭和36年)6月に申請に対する却下処分を下した(木暮は同7月に大臣を退任し群馬バスの社長に復帰した)。さらには翌1962年1月に群馬バスが本件と同じ路線の免許申請を行なった。

これに対し、群馬中央バスが処分の取り消しを求めて東京地裁に出訴したところ、1審(裁判長白鳥、2006年10月まで最高裁判所長官であった町田顯も加わっていた)は運輸審議会での公聴会の手続に不備があるとして処分を取り消した。控訴審の2審東京高裁では判断を覆した。

最高裁第一小法廷(民集29巻5号662頁)も1975年(昭和50年)請求を棄却したが、運輸審議会での審理の不備を指摘した。この事件は、行政手続における審議会の審議の手続の瑕疵が処分の取消し事由にもなりうるという点で行政法上重要な判例として残っている。

その他編集

テレビ番組『タモリ倶楽部』では2011年平成23年)3月4日に「解剖!バス運賃箱」という特集を放映し、刻印した紙でなくプラスチック板を使用した、日本初のバス用整理券発行機を紹介した。番組中では使用具合の再現として、群馬中央バスの社名が入ったプラスチック板を使用した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 会社案内”. 群馬中央バス. 群馬中央バス株式会社. 2018年5月3日閲覧。
  2. ^ a b マッピングぐんま バス乗りお助け情報マップ(バスQ)
  3. ^ ジェイアールバス関東デジタル時刻表(「新宿~本庄・伊勢崎」の時刻表欄外に管理の受委託の旨記載)2019年7月20日閲覧
  4. ^ “群馬中央バスが高速バス事業に参入 16日から伊勢崎―新宿”. 上毛新聞. (2019年7月12日). https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/145245 2019年7月20日閲覧。 
  5. ^ バスラマ・インターナショナル No.124

外部リンク編集