群馬県立伊勢崎工業高等学校

群馬県立伊勢崎工業高等学校(ぐんまけんりつ いせさきこうぎょうこうとうがっこう)は、群馬県伊勢崎市中央町にある県立工業高等学校

群馬県立伊勢崎工業高等学校
Isesaki-Tech-HighSchool-2013031701.jpg
正門
過去の名称 群馬県立工業学校
群馬県立伊勢崎工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 群馬県の旗 群馬県
設立年月日 1910年
共学・別学 男女共学
課程 全日制・定時制
設置学科 機械科
電子機械科
電気科
工業化学科
工業デザイン科
高校コード 10120G
所在地 372-0042
群馬県伊勢崎市中央町3番地8
北緯36度19分20秒東経139度12分7秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1886年(明治19年) - 伊勢崎織物業組合立染織講習所が開所[1]
  • 1896年(明治29年) - 伊勢崎染織学校と改称
  • 1900年(明治33年) - 群馬県伊勢崎染織学校と改称
  • 1906年(明治39年) - 日露戦争による県費削減のため閉校
  • 1910年(明治43年) - 群馬県立工業学校開校
  • 1934年(昭和9年) - 群馬県立伊勢崎工業学校と改称
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革により群馬県立伊勢崎工業高等学校となる[2]
  • 2010年(平成22年) - 創立100周年

学科組織編集

工業デザイン科について編集

伊勢崎工業高校には、2008年3月まで工業デザイン科が存在した。 プロダクトデザインに重点をおいた極めて実用的なカリキュラムにより卒業生は各方面で活躍している。また高校では珍しく大きな暗室を備えカラー写真の現像や、あるいは早い時期にマッキントッシュコンピュータを導入し、DTPやデジタル写真のレタッチなど先進のヴィジュアルデザインをも生徒は経験した。

しかしながら平成17年7月7日に行われた群馬県教育委員会の第985回定例会にて、平成18年度の生徒募集停止が決定された。少子化に伴う「群馬県内の77校ある全日制高校のクラスを1クラスずつ減らす」という県の方針に従い、県下でも極めて特徴のある有望な学科であるにもかかわらず2008年3月に科は消滅することとなった。1月には最後の卒業制作展が行われた。なお、平成19年度は全盛期と比べてデザイン科生徒が3分の1に減じたが、教員数の減少は僅かにとどまっていた。

主な卒業生編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 学校概要、2013年1月27日閲覧。
  2. ^ 定時制教育のあゆみ、2013年1月27日閲覧。

外部リンク編集