メインメニューを開く

群馬県立保育大学校(ぐんまけんりつほいくだいがっこう)は、群馬県前橋市にあった2年生の保育士養成の各種学校である[1]

群馬県立保育大学校
過去の名称 群馬県立高等保母学院
福祉大学校
国公私立の別 公立学校
学校種別 各種学校
設置者 群馬県
併合学校 福祉大学校
設立年月日 1952年6月
閉校年月日 2010年3月31日
共学・別学 男女共学
所在地 371-0833
群馬県前橋市光が丘町31-1
外部リンク 公式サイト(Webアーカイブ)
テンプレートを表示

概観編集

学校全体編集

  • 群馬県立保育大学校は保育士養成を目的として、1952年に群馬県唯一の公立の養成機関として開所した。保育士の養成を担ってきたが、2010年3月をもって閉校した。

地域貢献編集

学生らは、授業の合間を縫って、ボランティア活動に参加していた。おもなボランティアとして、施設のイベントの補助、保育所や施設のアトラクション参加、福祉関係の保育ボランティア活動、障害者ボランティアサークルへの参加がある。
毎年6月、学生自治会と学校との共催で「紫陽祭」の開催していた。2月には前橋市民文化会館にて児童音楽会も開催し、学生によって、歌遊び・アニメイム・幼児体操・オペレッタなどを披露した。

沿革編集

年表編集

  • 1952年6月 - 群馬県立高等保母学院開校
  • 1959年2月 - 前橋市紅雲町に移転
  • 1967年1月 - 現在地に移転。群馬県立保育専門学院と改称。
  • 1970年4月 - 組織改正により福祉大学校に併合され、福祉大学校保育学科となる
  • 1974年4月 - 組織改正により現名称となる。
  • 1980年4月 - 男子の入校を許可
  • 1992年4月 - 推薦入校試験導入
  • 2010年3月31日 - 閉校

学科編集

  • 保育学科

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 群馬県立保育大学校学校概要”. 2010年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月8日閲覧。

外部リンク編集