群馬県立桐生女子高等学校

群馬県桐生市にある高等学校

群馬県立桐生女子高等学校(ぐんまけんりつ きりゅうじょしこうとうがっこう)は、群馬県桐生市梅田町一丁目にあった普通科からなる公立女子高校。通称「桐女(きりじょ)」。群馬県立桐生高等学校と統合し、2021年3月31日に閉校した[1]

群馬県立桐生女子高等学校
Kiryu-Girls-HighSchool-20130113.jpg
過去の名称 群馬県山田郡立桐生高等女学校
群馬県立桐生高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 群馬県の旗 群馬県
設立年月日 1908年
閉校年月日 2021年3月31日
共学・別学 (全日制)
男女別学(女子校)
(通信制)
男女共学
課程 全日制課程、通信制課程
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(通信制)
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 10115A
所在地 376-0601 
群馬県桐生市梅田町一丁目185-1

北緯36度26分4.22秒 東経139度21分24.4秒 / 北緯36.4345056度 東経139.356778度 / 36.4345056; 139.356778座標: 北緯36度26分4.22秒 東経139度21分24.4秒 / 北緯36.4345056度 東経139.356778度 / 36.4345056; 139.356778
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
「桐生織物学校・桐生女子高等学校 由来の地」碑(仲町一丁目、桐生市青年の家)

概要編集

市内唯一の女子高である。基本的には4年制大学進学を目標とする。梅田町移転に伴い、市街地から離れてしまい、通学が不便になった。通学の便宜をはかるため、新桐生駅からおりひめバスが運行されているが、多くが桐生市内の中学出身者となっている。太田市藪塚本町地区や栃木県日光市足尾地区からの通学者も少なくないが、15キロメートル近い自転車通学や、1時間以上の列車移動などを強いられている。制服はセーラー服。桐生高校との統合により閉校。

歴史編集

  • 1908年明治41年) - 群馬県山田郡立桐生高等女学校として設立。設立当初は桐生町大字安楽土村(現小曽根町)にあった。
  • 1913年大正2年) - 桐生町大字安楽土村92(現仲町1-39-8)元県立織物学校跡に移転。
  • 1918年(大正7年) - 県立移管により群馬県立桐生高等女学校となる。
  • 1948年昭和23年) - 群馬県立桐生女子高等学校となる。通信制設置。
  • 1972年(昭和47年) - 桐生市梅田町に移転。
  • 1989年平成元年) - 普通科1クラスを英語科に学科転換。
  • 2006年(平成18年) - 1クラス削減し、一学年5クラスとなる。
  • 2008年(平成20年)- 生徒全日制各学年5学級編成各200名(普通科4学級、英語科1学級)になる。
  • 2021年(令和3年) - 群馬県立桐生高等学校と統合し、閉校。

学科編集

  • 全日制課程
    • 普通科
  • 通信制課程

学校周辺編集

部活動編集

管弦楽部が全国高等学校選抜オーケストラフェスタの常連校となっている(全国高等学校選抜オーケストラフェスタ・第11回パンフレットから引用)。

著名な卒業生編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集