群馬県道49号藤木高崎線

日本の群馬県の道路

群馬県道49号藤木高崎線(ぐんまけんどう 49ごう ふじきたかさきせん)は、群馬県富岡市藤木から高崎市へ至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
群馬県道49号標識
群馬県道49号 藤木高崎線
主要地方道 藤木高崎線
制定年 1959年 群馬県認定
1994年 一部改正
起点 富岡市藤木【地図
終点 高崎市連雀町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道10号標識
群馬県道10号前橋安中富岡線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道171号標識
群馬県道171号吉井安中線
Japanese National Route Sign 0017.svg 国道17号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道29号標識
群馬県道29号あら町下室田線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道25号標識
群馬県道25号高崎渋川線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

富岡市北東部の小野地区から高崎市街地南西の丘陵地帯(通称:観音山)を右左折を繰り返して越え、碓氷川左岸に出る。その後は観音山麓の住宅街を抜け、方向を変え烏川和田橋で渡って高崎城跡を通り終点へと至る。

高崎市街地付近では対岸の住宅街への数少ないアクセス路となっており、朝夕を中心に混雑している。特に国道17号と交差する和田橋交差点は群馬県内で最も渋滞長が長かったため、国道17号の本線を地下化する工事(高松立体事業)が進められ、2007年度に開通した[1]

終点付近は終点から起点方向への一方通行となっている。

路線データ編集

歴史編集

  • 1959年昭和34年)9月18日:群馬県より現・道路法に基づき、一般県道藤木高崎線富岡市藤木 - 高崎市赤坂町、整理番号184)が路線認定される[3]
    • 同日、前身路線にあたる県道高崎富岡線(高崎市 - 富岡市、整理番号144)が路線廃止される[4]
  • 1993年平成5年)5月11日建設省から、県道藤木高崎線が藤木高崎線として主要地方道に指定される[5]
  • 1994年(平成6年)4月1日:主要地方道指定に伴い、群馬県より県道路線認定に関する告示(昭和34年群馬県告示第324号)の一部が改正され、藤木高崎線(整理番号75)となる[6]

道路施設編集

  • 和田橋(烏川、高崎市八千代町一丁目 - 高崎市高松町)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 昭和34年の路線認定当初での表記では、高崎市赤坂町4番とあり、現在の本町1丁目交差点が終点であった[2]

出典編集

  1. ^ 高松立体
  2. ^ a b 昭和34年群馬県告示第326号 県道の供用開始に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 24–39、群馬県立図書館所蔵)
  3. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)
  4. ^ 昭和34年群馬県告示第325号 県道路線廃止に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 15–24、群馬県立図書館所蔵)
  5. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  6. ^ 平成6年群馬県告示第237号 県道路線認定に関する告示の一部改正(群馬県報第7163号、1994年4月1日、pp. 7–8、群馬県立図書館所蔵)

関連項目編集