義烈回天百首

義烈回天百首(ぎれつかいてんひゃくしゅ)とは、1874年明治7年)9月に発行された幕末志士の歌を集めた和歌集。豆本。編集は染崎延房、挿絵は鮮斎永濯、発行者は辻岡屋文助(金松堂)。1850年(嘉永3年)発行の「義烈百人一首」とは別物である。

吉田松陰久坂玄瑞藤田小四郎といった英傑たちの詠んだ歌(多くは辞世の句)を、人物略伝と共に紹介している。編集者の思い込みや伝聞の誤りにより内容の信用度はあまり高くないが、当時の民衆の幕末志士に対する思いや、英雄譚の需要などを読取ることができる。

義烈回天百首の歌人編集

  1. 源烈公(徳川斉昭)
  2. 和宮
  3. 梅田定明(雲浜)
  4. 安島帯刀
  5. 茅根伊予助
  6. 藤田東湖
  7. 登幾女(黒沢登幾)
  8. 蓮田市五郎
  9. 佐野竹之助
  10. 有村治右衛門
  11. 有村雄輔
  12. 森五六郎
  13. 島男也
  14. 飯田左馬(忠彦)
  15. 吉田松陰
  16. 永井雅楽
  17. 萩侯の夫人
  18. 僧胤康
  19. 吉村寅太郎
  20. 中山忠光朝臣
  21. 藤本鉄石
  22. 松本謙三郎(奎堂)
  23. 宍戸弥四郎
  24. 安積五郎
  25. 岡見留次郎
  26. 伴林光平
  27. 野崎主計
  28. 安岡嘉介
  29. 荒巻羊三郎
  30. 渋谷伊予作
  31. 吉田重蔵
  32. 乾十郎
  33. 都石吉三郎
  34. 水郡小隼人
  35. 遊女喜遊
  36. 橋口壮輔
  37. 田中河内介
  38. 海賀宮門
  39. 清川八郎
  40. 飯居簡平
  41. 仙石隆明(佐多雄)
  42. 長尾郁三郎
  43. 小川佐吉(宮田半四郎)
  44. 平野次郎(国臣)
  45. 僧月照
  46. 日下部伊三次
  47. 頼三樹(三樹三郎)
  48. 飯泉喜内
  49. 鵜飼吉左衛門
  50. 小林民部大輔(良典)
  51. 豊島泰盛
  52. 平山兵助
  53. 児島強介
  54. 蓮田藤蔵
  55. 山崎信之助
  56. 大石甚吉
  57. 林田芳太郎
  58. 沢宣嘉朝臣
  59. 美玉三平
  60. 戸原卯橘
  61. 南八郎(河上弥市)
  62. 本多小三郎
  63. 横田友次郎
  64. 伊藤竜太郎
  65. 木村愛之助(片山九市)
  66. 僧信海
  67. 野村望東女
  68. 吉田大次郎(松陰)
  69. 宮部鼎蔵
  70. 河瀬の妻
  71. 益田右衛門佐(兼施)
  72. 国司信濃(親相)
  73. 福原越後(元
  74. 佐久間佐兵衛(赤川淡水)
  75. 宍戸右馬介(左馬之助)
  76. 松島剛蔵
  77. 大谷正道
  78. 姉小路公知卿
  79. 錦小路頼徳朝臣
  80. 来嶋亦兵衛
  81. 久坂玄瑞
  82. 原陸太
  83. 真木保臣
  84. 酒井正之助
  85. 山本誠一郎
  86. 安藤鉄馬
  87. 藤田小四郎
  88. 武田伊賀守(耕雲斎)
  89. 伊藤栄太郎
  90. 黒沢五三郎
  91. 僧赤城
  92. 福島男也
  93. 毛利強兵衛
  94. 篠崎勘七
  95. 富田四郎太
  96. 東久世通禧朝臣
  97. 壬生基修朝臣
  98. 河越少将(松平直克)
  99. 毛利元純朝臣
  100. 参議安芳朝臣