メインメニューを開く

義経記』(ぎけいき)は、源義経とその主従を中心に書いた作者不詳の軍記物語。全8巻[1]南北朝時代から室町時代初期に成立したと考えられている。歌舞伎人形浄瑠璃など、後世の多くの文学作品に影響を与え、今日の義経やその周辺の人物のイメージの多くは『義経記』に準拠している。

なお、「源義経(みなもとのよしつね)」の読みは訓読みで「よしつね」であるが、本書では音読みで「ぎけいき」と読む。森銑三は中世・近世期には個人に対する敬意を表す意味で人名を音読みする習慣があったことを指摘し、同様の事例には織田信長の半生を記した『信長記(信長公記、しんちょうき)』の例を挙げている。

概説編集

国文学者の岡見正雄は本作が軍記物として『平家物語』に基づいた上で生い立ちと没落の書き加えられた、室町時代の要素が色濃い義経が描かれていると述べている[1]

民俗学者柳田國男は一部の描写の細かさや義経一行の不自然な回り道から、本作が各部分が別の地域の異なる作者たちによって記されたことや、長楽寺など鎌倉中仙道奥州街道付近時宗の寺院の関係者が物語の普及に関与した可能性を指摘している[2]

あらすじ編集

第一巻編集

義朝都落の事
義経の父義朝平治元年(1160年12月27日平治の乱にて藤原信頼側に属すも、京での戦に敗北し、先祖代々仕えてきた家来たちを失い、残り20数騎で成人していた三人の子供を連れて東国へ落ち延びる[3]。嫡子の義平越前にて北国の加勢を得ようとするも失敗し、近江石山寺に籠城するも平家の追手を差し向けられ、京都の六条河原にて斬り殺される[4]。次男の朝長(16)も山賊の矢で膝を射られ、美濃青墓宿にて没する[5]。義朝はそれ以外にも多くの子供を儲けていて、熱田大宮司の娘由良御前との間に頼朝が、九條院常盤御前は7歳の今若、5歳の乙若、その年に生まれたばかりの牛若がいた[5]
常盤都落の事

第八巻編集

判官御自害の事

十郎権頭兼房に促され、義経はいまの劔という三条小鍛冶宗近鞍馬寺が制作、奉納し別当の東光坊が名付けて守り刀として与えられた刃長65短刀を用いて左胸下部を刺し貫き、内臓を抉りだした後に衣服の袖で拭う[6]。北の方も敵の近づく中嘆きながらも自害し[7]、5歳の亀鶴御前と生後7日の姫君を兼房は切り殺す[8]。義経は北の方の亡骸の手を取り、兼房に宿所を火にかけるよう命じると絶命する[9]

義経記関連画像編集

関連作品編集

  • 能音楽劇 義経記
義経記を題材とし、三味線、朗読、歌、能舞で構成された舞台。2013年から年に数回開催されている[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 岡見 1992、p. 5.
  2. ^ 柳田国男 「義経記」 『柳田國夫全集』 33巻 筑摩書房、345頁、2005年3月25日。ISBN 4-480-75093-2NCID BA32787015 
  3. ^ 岡見 1992、p. 36.
  4. ^ 岡見 1992、pp. 36-37.
  5. ^ a b 岡見 1992、p. 37.
  6. ^ 岡見 1992、p. 383.
  7. ^ 岡見 1992、pp. 384-385.
  8. ^ 岡見 1992、pp. 385-386.
  9. ^ 岡見 1992、p. 386.
  10. ^ 能音楽劇 義経記 公演実績
  11. ^ 能楽師 山井綱雄
  12. ^ 能舞音楽劇「義経記」出演者の方からコメントをいただきました。(その2) アルスくらしき

参考文献編集

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集