メインメニューを開く

義経記』(ぎけいき)は、源義経とその主従を中心に書いた作者不詳の軍記物語で、南北朝時代から室町時代初期に成立したと考えられている。歌舞伎人形浄瑠璃など、後世の多くの文学作品に影響を与え、今日の義経やその周辺の人物のイメージの多くは『義経記』に準拠している。

なお、「源義経(みなもとのよしつね)」の読みは訓読みで「よしつね」であるが、本書では音読みで「ぎけいき」と読む。森銑三は中世・近世期には個人に対する敬意を表す意味で人名を音読みする習慣があったことを指摘し、同様の事例には織田信長の半生を記した『信長記(信長公記、しんちょうき)』の例を挙げている。

概説編集

義経及びその主従などの登場人物たちがよく感情を表し、生き生きと書かれている。しかしながら彼らの死後二百年以上経ってからの成立であるため、『義経記』の作者は当事者たちの人柄を、直接的にも間接的にも知っていたとは考えられない。また、軍記物語の下地となりうる軍注記を利用したとも考えられていない。その上、作中の行動のあちこちに矛盾が生じており、当時の伝説と作者の創作によって成立したと考えられている。よって「史料」としての価値は低く、今日ではあくまで「史伝物語」として扱われている。

分類は軍記物語ではあるが、『平家物語』のように華々しい合戦の時期に重点が置かれているのではなく、義経の幼少期・出世・没落の時期に重点が置かれている(実際、平家は合戦がはじまって数ページ程度で滅んでしまう)。言い換えれば、実在の合戦を話の軸として周りの人間模様を描いているというより、源義経という人物が話の軸となっている。まさにタイトル通り『義経記』である。全体的に中世前期の他の軍記物語とは大きく趣が異なり、軍記物語というより伝奇物語とも言える。

民俗学者柳田國男は一部の描写の細かさや義経一行の不自然な回り道から、本作が各部分が別の地域の異なる作者たちによって記されたことや、長楽寺など鎌倉中仙道奥州街道付近時宗の寺院の関係者が物語の普及に関与した可能性を指摘している[1]

義経記関連画像編集

関連作品編集

  • 能音楽劇 義経記
義経記を題材とし、三味線、朗読、歌、能舞で構成された舞台。2013年から年に数回開催されている[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 柳田国男 「義経記」、『柳田國夫全集』 (筑摩書房) 第33巻345頁、2005年3月25日。ISBN 4-480-75093-2NCID BA32787015 
  2. ^ 能音楽劇 義経記 公演実績
  3. ^ 能楽師 山井綱雄
  4. ^ 能舞音楽劇「義経記」出演者の方からコメントをいただきました。(その2) アルスくらしき

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集