メインメニューを開く

概要編集

面積4246.3m2(42.463アール)の小さな無人島で、全域が香川県坂出市与島町に属している。

人跡編集

この島は現在無人島であるが、戦後までは有人島であり採石や畑作を生業としていた。また、近世初頭においてもこの島に人が居住していたとされる文献がある[1]。その痕跡として旧石器時代の羽佐島遺跡があり、瀬戸大橋建設に伴い行われた発掘調査では旧石器時代の大量の遺物が出土している[2]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ 中村安孝『香川叢書』第一、香川県、名著出版、1972年6月17日。
  2. ^ 『羽佐島遺跡』香川県教育委員会、1979 リンク先は全国遺跡報告総覧(奈良文化財研究所)