羽佐間 重彰(はざま しげあき、1928年5月3日 - )は、フジテレビジョン(現フジ・メディア・ホールディングス)・ニッポン放送産業経済新聞社の元社長。東京府出身。

来歴・人物編集

ニッポン放送では石田達郎の一番弟子的存在で、ニッポン放送編成部長だった1967年には現在まで続く深夜放送の人気番組『オールナイトニッポン』をスタートさせる。放送開始時の基本フォーマットは羽佐間が考案したものである[1]

ニッポン放送常務、専務を経て、1977年から石田の後任としてポニー、キャニオンレコードの社長に就任。1985年には石田の後を受けてフジテレビ社長に就任するが、任期途中の1988年フジサンケイグループ議長で同社会長だった鹿内春雄が死去、議長に復帰した鹿内信隆に疎まれ古巣・ニッポン放送の社長に異動となる[2]

1992年6月には産業経済新聞社の社長に就任するが、1か月後に開かれた同社取締役会で信隆死去後フジサンケイグループ議長となった鹿内宏明を会長から解任、羽佐間の後任としてフジテレビ社長となった日枝久が中心として画策した追放クーデターの発端となった。産経新聞社社長を退いた1997年にフジサンケイグループ代表に就任、2003年まで代表の職にあった。

学歴編集

経歴編集

映画作品編集

受賞歴編集

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ 村野まさよし『深夜放送がボクらの先生だった』(実業之日本社)
  2. ^ 中川和徳『メディアの支配者』(講談社)
  3. ^ 人生色々こぼれ話(30) 〜十代目の快挙”. 2019年7月2日閲覧。

関連項目編集