メインメニューを開く

羽田 正(はねだ まさし、1953年7月9日[1] - )は、日本の歴史学者東京大学東洋文化研究所教授。専門は、イスラーム建築史、近世イスラーム史。

羽田 正
人物情報
生誕 (1953-07-09) 1953年7月9日
日本の旗 日本大阪府
学問
研究分野 アジア史(イスラーム建築史、近世イスラーム史)
研究機関 東京大学東洋文化研究所
公式サイト
羽田 正研究室
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

1953年 7月大阪市生まれ。羽田明の息子[要出典]で、羽田亨の孫。

学歴編集

  • 1976年 京都大学文学部史学科卒業
  • 1978年 同大学院文学研究科東洋史学(西南アジア史学)修士課程修了、同博士後期課程進学
  • 1980年 パリ第3大学博士課程進学
  • 1983年 Doctorat de troisieme cycle (Etudes iraniennes)取得
  • 1984年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学

研究歴編集

受賞編集

著作編集

単著編集

  • 『モスクが語るイスラム史―建築と政治権力』(中央公論社〈中公新書〉、1994年/ちくま学芸文庫(増補版)、2016年)
  • 『勲爵士シャルダンの生涯―十七世紀のヨーロッパとイスラーム世界』(中央公論新社、1999年)
  • 『イスラーム世界の創造』(東京大学出版会〈東洋叢書〉、2005年)
  • 『興亡の世界史(15) 東インド会社とアジアの海』(講談社、2007年/講談社学術文庫、2017年)
  • 『新しい世界史へ―地球市民のための構想』(岩波書店岩波新書〉、2011年)[2]
  • 『グローバル化と世界史』(東京大学出版会<シリーズ・グローバルヒストリー①>、2018年)

共著編集

  • 永田雄三)『世界の歴史(15) 成熟のイスラーム社会』(中央公論社、1998年/中公文庫、2008年)

編著・共編編集

  • 三浦徹[3])『イスラム都市研究―歴史と展望』(東京大学出版会 1991年)
  • 『岩波イスラーム辞典』(岩波書店 2002年)
大塚和夫小杉泰小松久男東長靖山内昌之
  • 『シリーズ・都市のアナトミー(1) 都市のフィロソフィー 都市とは何か、その本質』
大谷幸夫和田清美、こうち書房 2004年)
  • 『シリーズ港町の世界史(3) 港町に生きる』(歴史学研究会編、青木書店 2006年)
  • 『東アジア海域に漕ぎだす(1) 海から見た歴史』(小島毅監修、東京大学出版会 2013年)
  • 『グローバルヒストリーと東アジア史』(東京大学出版会、2016年)
  • 『地域史と世界史』(ミネルヴァ書房、2016年)。責任編集

翻訳編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.337
  2. ^ 英文版『新しい世界史へ』(野田牧人訳、出版文化産業振興財団、2018年)がある。
  3. ^ 三浦 徹”. 2014年10月31日閲覧。