メインメニューを開く

羽陽学園短期大学(うようがくえんたんきだいがく、英語: Uyō-Gakuen College)は、山形県天童市大字清池1559に本部を置く日本私立大学である。1982年に設置された。大学の略称は羽陽短大。

羽陽学園短期大学
画像募集中
画像募集中
大学設置 1982年
創立 1965年
学校種別 私立
設置者 学校法人羽陽学園
本部所在地 山形県天童市大字清池1559
北緯38度19分48.91秒 東経140度21分12.71秒 / 北緯38.3302528度 東経140.3535306度 / 38.3302528; 140.3535306座標: 北緯38度19分48.91秒 東経140度21分12.71秒 / 北緯38.3302528度 東経140.3535306度 / 38.3302528; 140.3535306
学部 幼児教育科
研究科 福祉専攻
ウェブサイト 羽陽学園短期大学公式サイト
テンプレートを表示

目次

概観編集

大学全体編集

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 羽陽学園短期大学における教育理念は「学問の研究を通して真の人間理解を追究すること」となっている。

教育および研究編集

  • 羽陽学園短期大学は、幼児教育や福祉に携わる専門家の育成に力をいれている。

学風および特色編集

  • 羽陽学園短期大学は、山形幼稚園教員養成所が起源となっていることから幼児教育者の養成において実績がある。元々は、女子のみを対象とした短大だったが男女共学化されている。

沿革編集

  • 1965年 学校法人羽陽学園が山形幼稚園教諭養成所を創設
  • 1966年 山形保育専門学校に名称変更
  • 1982年 羽陽学園短期大学を開設
    • 幼児教育科:入学定員女子100名に対し学生数は130[1][2]
  • 1984年 障害児保育研究センターを付置
  • 1987年 男女共学制へ移行。在学者数204(うち5)[1][3]
  • 1990年 専攻科福祉専攻開設、入学定員20名、修業年限1年。介護福祉士養成施設となる。
  • 1996年 専攻科福祉専攻の定員を35名に変更
  • 1999年 山形県の指定を受けホームヘルパーの養成を開始

基礎データ編集

所在地編集

  • 山形県天童市大字清池1559

交通アクセス編集

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 幼児教育科
    • 幼児教育コース
    • 福祉コース

専攻科編集

  • 福祉専攻:入学には保育士資格が必要。

別科編集

  • なし
取得資格について編集
資格
  • 保育士資格:幼児教育科にて取得できる。
  • 介護福祉士:専攻科福祉専攻にて取得できる。
教職課程

附属機関編集

  • 附属図書館
  • 障害児保育研究センター

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 羽陽学園短期大学の学園祭は毎年、概ね11月に行われている。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 五十嵐明:初代学長
  • 原田恒男:現学長

施設編集

キャンパス編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

専攻科福祉専攻
  • 高齢者福祉施設が大半となっている。老人福祉施設や老人保健施設のほか、児童福祉施設に就職するもの、本科在籍中に取得した教員免許を活かして幼稚園へ就職する人もいる。

編入学・進学実績編集

附属学校編集

  • 羽陽学園短期大学附属たかだま幼稚園
  • 羽陽学園短期大学附属鈴川幼稚園
  • 羽陽学園短期大学附属鈴川第二幼稚園
  • 羽陽学園短期大学附属大宝幼稚園

対外関係編集

他大学との協定編集

国内大学編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 出典:『全国学校総覧
  2. ^ 昭和58年度版42頁より。
  3. ^ 昭和63年度版50頁より。
  4. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

公式サイト編集