翁 妙子(おきな たえこ、1947年9月16日 - )は、日本の女性脚本家宮城県仙台市生まれ。日本放送作家協会会員[1]

人物編集

テレビアニメ版『クレヨンしんちゃん』や『それいけ!アンパンマン』では、放送第1回目の脚本を担当しメインライターとして活躍していたが現在はどちらも降板し、一線を退いている。

『アンパンマン』に関しては1988年(第1話)から1996年(382話Bパート)まで担当し、初期の映画版やTVスペシャルでも脚本を担当した。

『クレヨンしんちゃん』では、テレビアニメ版の脚本を放送開始年1992年(第1話Aパート)から2014年(840話Bパート)まで22年間担当していた。2011年に発売された「クレヨンしんちゃん メモリアルボックス」の解説書では、放送第1回目Bパートから現在も脚本に参加している中弘子とのインタビューが掲載されている[2]

『クレヨンしんちゃん』初代監督である本郷みつるによると、自身が演出を担当していた『おねがい!サミアどん』での翁の脚本が面白くて『クレヨンしんちゃん』の脚本に誘ったとのこと[3]

参加作品編集

テレビアニメ編集

映画編集

OVA編集

脚注編集

  1. ^ 社団法人 日本放送作家協会 日本放送作家協会HPより
  2. ^ クレヨンしんちゃん★商品情報★ バンダイビジュアル
  3. ^ 本郷みつる/Hongo Mitsuru (@megatenhongo) on Twitter 2012年9月20日のツイート

関連項目編集

外部リンク編集