メインメニューを開く

習志野駐屯地(ならしのちゅうとんち、JGSDF Camp Narashino)とは第1空挺団等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。所在地は千葉県船橋市薬円台三丁目20番1号。敷地は八千代市にまたがっているが、習志野市とは市境を接するだけである。

習志野駐屯地
習志野駐屯地内
習志野駐屯地内
所在地 千葉県船橋市薬円台三丁目20番1号
座標 北緯35度42分36秒
東経140度3分10秒
駐屯地司令 第1空挺団長 兼務
主要部隊 陸上自衛隊第1空挺団
陸上自衛隊特殊作戦群
航空自衛隊第1高射隊
開設年 1951年
テンプレートを表示

習志野駐屯地の習志野は、江戸時代徳川幕府直轄の牧場の一部で大和田原と呼ばれていた。1872年明治5年)に陸軍が錬兵場を設置し、翌1873年(明治6年)4月にこの地で行われた陸軍の大演習に明治天皇が臨まれた際に、その志に習うということから、この辺り一帯を広く習志野と呼んだことに由来し、隣接する習志野演習場の一部は船橋市習志野という地名になっている。陸上自衛隊の中でもラグビーが盛んな駐屯地として知られる。

目次

概要編集

 
降下訓練塔

駐屯地司令は第1空挺団長が兼任する。

近隣に習志野演習場があり駐屯部隊の各種訓練に使用されている。空挺降下の訓練に使われる高さ80mの降下訓練塔は、海空の操縦訓練生のパラシュート訓練にも使われる[1]

敷地には隣接して航空自衛隊習志野分屯基地(ならしのぶんとんきち、JASDF Narashino Vise-Base)があり、地対空ミサイル部隊である第1高射群第1高射隊が駐屯している。近接する習志野演習場の一角には、第1高射隊のミサイル発射場地区がある。

所在地等について編集

習志野駐屯地」という名称ではあるが、所在地は船橋市であり、習志野市には所在していない。これは習志野演習場も同様である(習志野演習場の南端がちょうど船橋市と習志野市の境界に当たる)。

これは「習志野」という地名を巡る歴史的経緯が影響している。

陸上自衛隊の駐屯地としての「習志野駐屯地」と航空自衛隊の基地としての「習志野分屯基地」は実質的には同じ敷地内にあり、公示住所も同一で、敷地内がフェンス等で区分されているわけでもないが、管轄としては陸上自衛隊と航空自衛隊とで別の駐屯地(基地)とされており、習志野分屯基地司令は習志野駐屯地司令とは別個に存在し、第1高射隊長が兼務している。

沿革編集

 
習志野駐屯地正門
  • 1872年(明治5年):陸軍錬兵場を設置。
  • 1916年(大正5年)12月:陸軍騎兵実施学校が東京目黒から移駐。
  • 1917年(大正6年):陸軍騎兵学校に改称。
  • 1951年(昭和26年)
    • 6月3日:警察予備隊第1管区総監部久里浜分室が閉鎖され習志野に分室開設。
    • 7月29日:習志野営舎新設。
    • 8月7日:第1管区総監部が越中島から移駐。
    • 11月19日:特科学校が開校。
    • 12月15日:第1管区総監部が練馬駐屯地に移駐。
  • 1952年(昭和27年)10月15日:警察予備隊が保安隊に改編。
  • 1954年(昭和29年)
  • 1955年(昭和30年)
    • 4月5日:臨時空挺練習隊が福岡香椎から移駐。
    • 8月31日:空挺教育隊が編成完結。
    • 12月7日:高射学校が下志津駐屯地に移駐。
  • 1956年(昭和31年)1月25日:空挺教育隊隷下に第101空挺大隊を編成。
  • 1958年(昭和33年)
    • 5月8日:250フィート降下訓練塔が竣工。
    • 6月25日:第1空挺団が編成完結。第101空挺大隊を廃止。
  • 1962年(昭和37年)
  • 1963年(昭和38年)1月17日:陸上自衛隊第101高射大隊が編成完結。
  • 1964年(昭和39年)4月1日:ナイキシステムを陸上自衛隊から航空自衛隊に移管し、第101高射大隊が第1高射群に改編。本部は入間基地に移転、第1高射隊が創設。
  • 1973年(昭和48年)
    • 3月8日:空挺戦車小隊を空挺装甲輸送隊に改編。
    • 3月27日:第112地区警務隊が編成完結。
  • 2004年(平成16年)3月29日:防衛庁長官直轄部隊として特殊作戦群が編成完結。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月28日:第1空挺団及び特殊作戦群が中央即応集団隷下に編成替え。
    • 11月29日:航空自衛隊第1高射隊にPAC-3配備。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第112地区警務隊を第127地区警務隊に改編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:中央即応集団廃止に伴い第1空挺団・特殊作戦群が陸上総隊隷下に隷属替え。

駐屯部隊(習志野駐屯地)編集

陸上総隊隷下部隊編集

東部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

配置部隊(習志野分屯基地)編集

中部航空方面隊隷下部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

  • ガス関連
    • 東京ガス袖ケ浦LNG基地(袖ケ浦市)- 世界最大のLNG基地。同社の都市ガスの約40%を製造するとともに、東京電力の3箇所の発電所に供給。
    • 出光興産千葉製油所(市原市) - 原油処理能力は日量22.0万バレル
    • ジャパンエナジー富士石油袖ヶ浦製油所(袖ケ浦市) - 原油処理能力は日量19.2万バレル。
    • 極東石油工業千葉製油所(市原市) - 原油処理能力は日量17.5万バレル。
    • コスモ石油千葉製油所・同貯油設備(市原市) - 原油処理能力は日量24.0万バレル。貯蔵容量は約265.7万kl。
  • 水道関連
    • 北総浄水場印西市) - 水道局応急給水拠点
    • 柏井浄水所(千葉市) - 水道局応急給水拠点
    • 福増浄水所(市原市) - 水道局応急給水拠点
    • 栗山浄水場(松戸市) - 水道局応急給水拠点
    • 沼南給水場柏市) - 水道局応急給水拠点
    • 松戸給水場(松戸市) - 水道局応急給水拠点
    • 船橋給水場(船橋市) - 水道局応急給水拠点
    • 北船橋給水場(船橋市) - 水道局応急給水拠点
    • 妙典給水場(市川市) - 水道局応急給水拠点
    • 成田給水場(成田市) - 水道局応急給水拠点
    • 幕張給水場(千葉市) - 水道局応急給水拠点
    • 園生給水場(千葉市) - 水道局応急給水拠点
    • 誉田給水場(千葉市) - 水道局応急給水拠点

イベント情報編集

駐屯地の一般公開は陸上自衛隊と航空自衛隊の合同で開催されており、「陸上自衛隊習志野駐屯地創立記念行事」と「航空自衛隊習志野分屯基地開庁記念行事」は毎年同日に行われている。

桜祭り編集

毎年4月第1週(第2週の場合もあり)の土曜、または日曜に行われる。

納涼夏祭り編集

毎年8月の第1土曜日から2日間開催される恒例の夏祭りである。落下傘訓練塔周辺の広場を中心に自衛隊側・市民側の多くの屋台が出され、近隣の住民が多く集ってくる。

自衛隊車両の体験試乗や落下傘体験、落下傘訓練塔を囲んでの盆踊りが行われる他、1日目には花火も打ち上げられる。花火開催日は周辺の路上や街区で見物をする人もいる。

脚注編集

  1. ^ フライトを開始する前の教育| 防府北基地 - 航空自衛隊
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年6月11日閲覧。

参考文献編集

  • 習志野駐屯地四十年のあゆみ(習志野駐屯地修親会・1991年)

関連項目編集