メインメニューを開く

翼システム株式会社(つばさシステム)は、自動車業界向けのパッケージソフト販売を中心とした企業であった。近年の主力事業としては「ECショップ向けシステム開発・販売事業」となっている。

翼システム株式会社
Tsubasa Systems Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
136-0071
東京都江東区亀戸6-21-8
石橋ビル5F
設立 1983年昭和58年)2月
業種 サービス業
法人番号 5010601022593
事業内容 (当時)自動車業界向けパッケージソフトウエアの開発・販売、(現在)ECショップ向けシステム開発・販売事業
代表者 破産管財人 斎藤淳一
資本金 8千万円
従業員数 単独:31名(2008年3月31日現在)
テンプレートを表示

概要編集

もともとは自動車業界向けのパッケージシステムの開発・販売を行うベンダーであった。自動車部品商向け「自動車部品販売管理システム」リリースし自動車業界に参入。その後自動車修理工場向け「自動車修理見積発行システム)」を発売した。特にこの「自動車修理見積発行システム」が爆発的に売れ、当時自動車業界向けのパッケージシステムでは業界トップシェアを誇っていた。

そのノウハウを生かし、

  • 鈑金サービス事業
  • 短時間車検システムの
  • 中古車再商品システムの「リニューカー
  • 中古車雑誌

と、会社規模を次々と拡張していった。従業員は当時2,000名を超えていた。

1996年平成8年)にシステムジャパンを相手に自社の自動車整備業用システムのデータベースを複製しており著作権侵害または不法行為であると主張、損害賠償を求めた。2001年(平成13年)に東京地方裁判所の中間判決で著作権侵害には当たらないと判断されたものの不法行為を構成するものと認められた[1]

1999年(平成11年)1月26日1995年(平成7年)4月から1997年(平成9年)3月までの2年間に38億6000万円の所得隠しを行い15億6000万円を脱税した容疑で当時の社長ら取締役3人が逮捕された[2][3]。その後2001年(平成13年)3月に当時の社長に対して懲役2年の実刑判決が科され、同社に罰金2億円の判決が言い渡された[3]。これを機に信用が失墜。2013年(平成25年)末には事業を停止。2017年(平成29年)10月25日債権者から東京地裁に破産を申し立てられ、翌2018年(平成30年)2月6日付で破産開始決定を受けた[4]。そして同年6月19日に法人格が消滅した。

脚注編集

関連項目編集

  • 自動車パッケージソフト部門の売却先。
  • クインランド:「カッチャオ関東版」の現在の発行元
  • プラエセンス:デスクトップアクセサリ「ペルソナウェア」を開発・販売している社内ベンチャー
  • パルライフ:「カーコンビニ倶楽部」部門の売却先。現在はパルライフ100%出資子会社のカーコンビニ倶楽部が運営(2007年2月より)。
  • ウイングアーク1st:帳票ソリューション事業の売却先。

外部リンク編集