老舗花重(しにせはなじゅう、Hanaju Florist Co.,Ltd.)は、東京都台東区谷中七丁目5番27号に所在する、1877年(明治10年)建築の歴史的建造物(店舗)。

老舗花重
Hanaju Florist Co.,Ltd.
Tokyo - Yanaka 055 (15784207146).jpg
店舗概要
所在地 110-0001
東京都台東区谷中七丁目5番27号
座標 北緯35度43分24.99秒 東経139度46分12.20秒 / 北緯35.7236083度 東経139.7700556度 / 35.7236083; 139.7700556座標: 北緯35度43分24.99秒 東経139度46分12.20秒 / 北緯35.7236083度 東経139.7700556度 / 35.7236083; 139.7700556
開業日 水曜日 - 月曜日
閉業日 火曜日、祝日・年末年始・お盆・お彼岸時は営業
正式名称 株式会社 老舗花重
施設所有者 中瀬 清
店舗数 1店舗
営業時間 午前9時 - 午後5時
前身 生花問屋花重、花重商店
最寄駅 JR京浜東北線日暮里駅、JR常磐線日暮里駅、JR山手線日暮里駅都営日暮里・舎人ライナー日暮里駅京成京成本線日暮里駅
最寄IC 首都高速西神田出入口
外部リンク http://www.hanaju.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

花重店舗は、1874年(明治7年)に開園した谷中墓地(現・谷中霊園)内に、3年後の1877年(明治10年)に生花問屋として開業した。現在は、1階は花屋として営業し、2階を居室として使われている。谷中墓地は、当時、感応寺(現・天王寺)の寺域であったことから、江戸・明治期の谷中の景観を伝える建物と考えられている。2016年(平成28年)に、国の登録有形文化財建造物)に登録された。

沿革編集

  • 1870年(明治3年) - 初代・関江重三郎、現在地に生花問屋花重を創業。
  • 1877年 (明治10年) - 現在の店舗を建築。
  • 1924年(大正13年) - 卸売業に転換。
  • 1947年(昭和22年) - 小売業に転換。
  • 1953年(昭和28年) - 株式会社花重商店設立。
  • 1965年(昭和40年) - 東京フラワーデザインセンター開設。
  • 1970年(昭和45年) - 創業100年を機に、株式会社老舗花重に社名変更。
  • 1972年(昭和47年) - 日本フロリスト養成学校開設。
  • 1987年(昭和62年) - 三代目・関江重三郎、昭和の名工及び卓越技能者で業界第1号で労働省表彰。

文化財編集

登録有形文化財(建造物)
花重店舗
登録年月日:2003年(平成15年)1月31日、種別:住宅/建築物、登録基準:国土の歴史的景観に寄与しているもの。
年代:1877年(明治10年)建築、木造2階建、瓦葺、建築面積37m2[1]

交通編集

鉄道

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 花重店舗 - 国指定文化財等データベース(文化庁

関連文献編集

  • 東京都教育委員会『東京都の近代和風建築 東京都近代和風建築総合調査報告書』「花重」東京都教育庁地域教育支援部管理課、2009年、国立国会図書館蔵書

関連項目編集

外部リンク編集