聖アントワーヌの誘惑 (ロップスの絵画)

聖アントワーヌの誘惑』(せいアントワーヌのゆうわく、: La Tentation de saint Antoine)は、1878年にフェリシアン・ロップスが描いたパステル絵画で、一連の象徴主義かつ反教権主義の作品の一つ。

『聖アントワーヌの誘惑』
フランス語: La Tentation de saint Antoine
Félicien Rops - La tentation de Saint Antoine.jpg
作者フェリシアン・ロップス
製作年1878年
種類パステルガッシュ
所蔵ベルギー王立図書館フランス語版、プリントルーム

ピエール・マッコルランフランス語版によると、「この絵画の少し面映ゆい面を指摘することができる」としても、「ロップスの多くの顧客達は、この作品を傑作とみなしている」という[1]

参考文献編集

  1. ^ Pierre Mac Orlan, Félicien Rops, Masques sur mesure II.